実際利用してみた! 英会話 English-Village

記事更新日: 2020/05/30

ライター: Sakura

 

 

こんにちは!Sakuraです!

今日は実際利用したマンツーマン英会話教室 English-Villageの紹介をするよ!

グローバル化が進んだ昨今、みなさんの会社にも外国人の方も増えてきたのではないでしょうか。

ユニクロでお馴染みのファーストリテイリング社は社内用語がなんと英語!TOEIC700点以上が採用条件なんですって!

昔(私の時代)は中学生から始まっていた英語の授業もいまや小学低学年からスタートするようになりました。

世界中で英語を話す人は15万人とも言われています。

ビジネスやスポーツ界でも英語が共通語として使われていることから、第二言語として習得する外国語として英語は断トツ1位です。

もはや英語を習得しないと世界の流れについていけない時代といってもいいのではないでしょうか。

 

そうは言っても大人になってから外国語を勉強するって大変だよね。

時間もお金もかかるし。

忙しい毎日の中で勉強に向かう時間を作るのは簡単ではありません。

ましてや外国語を学ぶには継続したモチベーションも必要です。

一般的に、第二言語として英語を選択し習得するまでに必要な時間は3000時間。

そして力がついてきたと体感するのに200時間のステップを繰り返すと言われています。

 

200時間の壁ね。。ここを乗り切るまでに心が折れちゃうんだよね。

いかにモチベーションキープしつつ継続学習を続けられるか。できるだけ安く!

そう考えた私が選んだのはマンツーマン英会話でした。

 

ここでは私が実際利用したマンツーマン英会話教室English-Villageの実情をご紹介していきます。

これから英会話の勉強を始めようと考えているあなたに合っているかやチャレンジするための参考にしてください!

 

ちなみに私が教室に通う前の英会話力は中学1年生レベル。

Hello! How are you?    

I'm fine thank you. 以上!っていう感じでした。

文法の組み立て方も分からない、知ってる単語の数も少ない。。

こんな超初心者の私が実際利用してみた感想も合わせてEnglish-Villageではどんな授業を受けられるのかを紹介していくね!

 

★こんなことが分かります

・English-Villageでどんな授業が受けれるのか知りたい

English-Villageの講師の質を知りたい

English-Villageで英会話力が伸びるのか知りたい

・English-Villageの料金体系や通いやすさを知りたい

 

私がマンツーマン英会話を選んだ理由

昔から英語には興味がありましたが、中学の基礎英語で挫折しその後の英語学習はうまくいきませんでした。

でも大人になってからも“いつか英語を話せるようになりたい”と漠然と考えていたところ、お友達の紹介でアメリカ人とコミュニケーションをとるチャンスがやってきたのです。

 

ハッ。。ハロー マイネームイズサクラ。。。

もう穴があったら入りたい。まさにそんな気持ちになりました。

コミュニケーションを取りたいのに取れないモヤモヤが私のやる気スイッチを入れました(笑)

 

私、英語が話せるようになりたい!

 

でも何から始めればいいんだろう。。

コストを抑えて最速で英会話を学べる方法ってなに?

 

1人で勉強なんて絶対むり~!

でも学校やグループレッスンは自分の英語力がなさ過ぎて恥ずかしい。。

 

・1人で机に向かう勉強法以外で

・とにかく会話ができるようになりたい

・コストはなるべく抑えたい

・時間も節約したい

 

 

こんな希望を叶えるのはまさにマンツーマン英会話だった!

マンツーマン英会話の1番のメリットは、講師を独占できるところ。

グループレッスンは価格も安く設定されているところが多いですが、他の生徒もいるので自分が実際に講師と英語を話す時間は限られます。また同じようなレベルでのグルーピングはされるものの、知らない人の前でカタコト英語を発するのは勇気がいるものです。

マンツーマンなら講師はあなただけに集中してあなたの会話力に合わせた授業をしてくれるのでレッスン時間を最大限自分の学びに使う事ができます。

またグループレッスン型だとレッスンの曜日や時間が固定されている事が多いです。

仕事の都合や体調で決められた日にレッスンを受けられないと次回レッスンまで会話することはできません。

English-Villageでは自分と講師の予定が合えば予約を入れる事ができるので学ぶ機会をロスしなくて済みます。

 

マンツーマン英会話のデメリットはやはりレッスン料がグループレッスン型より高めだということ。

これは講師を独占するが故の事ですが、English-Villageは1レッスン(40分)なんと2,100円から!これは業界最安値レベルです。

 

マンツーマンでこのコスパ!English-Villageを選ぶ決め手になったよ!

マンツーマンだと会話が続くか心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私の場合はスタートしてから暫くはぜーんぜん会話にならなかったよ!(笑)

話せない言語を学びに行っているのです。初めは会話が成立しなくて当然ですよ。

講師が日本語を話せないネイティブの場合はマンツーマン故に意思疎通が通じない時間とも向き合わなければなりません。

でもマンツーマンなら会話が成立しなくても誰かに見られることもないので恥ずかしい事はありません。

English-Villageでは日本語を話せる講師も多く在籍していますし、日本語が話せない講師でも教えるプロが揃っているのであなたのレベルにあったレッスンを受ける事ができます。

 

確かに始めは言ってる事も分からなかったし言えないしで気まづかったけど、

丁寧に分かりやすく易しい単語を並べて話してくれたからすぐに緊張も解けたよ!

さあ、ではいよいよEnglish-Villageの実情に入っていきましょう。

 

Let's start!

 

料金体系

マンツーマン英会話教室ではトップクラスのコスパ

English-Villageの最大の特徴と言って過言ではないコスパ。1レッスン(40分)2,100円から受ける事ができます!

入会にかかる費用は31,000円。コースは毎月定額とフリーチケットがあります。

※参照元:English-Village

マンスリーチャージコースで購入したチケットを月内で消化できなかったとしても、入会から1年間は繰り越して使う事ができます。

 

私がマンツーマンスクールを選ぶ時に調べたのはこちら!

スクール 料金 講師 その他
Gaba 40分 5,000円~7,000円

ネイティブ

非ネイティブ

入会費 33,000円
ワンコインイングリッシュ 60分 2,800円

ネイティブ

非ネイティブ

入会費 30,000円
月会費   2,000円
ミライズ 60分 6,250円(月4回) 非ネイティブ

入会金 32,400円

教材    5,000円(初回)

グローブ 50分 3,333円

ネイティブ

非ネイティブ

入会金 10,000円

教材費   3,000円~

English-Village 40分 2,100円 ネイティブ

入会金 31,000円

年会費 20,000円

 

コスパもさることながら、ネイティブスピーカー採用のEnglish-Villageがやっぱり魅力的でした!

入会前にスクールの雰囲気や実際のレッスンを体感したい方には「お試しコース」もあります。

こちらは40分レッスン×2回で7,500円。違う講師を選んでレッスンを受けることができます。

また、どうしても1人じゃ不安、友達と一緒にレッスンを受けたいという方には、「ペアツーマンコース」があります。

これは受講者2名に対して講師が1名つくもので40分1,050円/1名でレッスンを受けることができるので、コストを少しでも落としてネイティブ講師と会話したい方にもおすすめです。

 

※参照元:English-Village

意外と高いよ 年会費

English-Villageでは1年ごとに年会費がかかります。その額20,000円。

1回のレッスン料は安いけど語学学習は長期戦になるので毎年かかるコストは気になるところ。

ですがまずは1回のコストを抑えてマンツーマン英会話にチャレンジしたいという方にはEnglish-Villageは始めやすいと思います。

 

昨今情勢での柔軟対応:支払い編

English-Villageではクレカ決済ができません。マンスリーチャージコースは月額が指定口座から毎月引き落としになりますが、それ以外のチケット購入等は現金支払いのみなんです。

なので入会を決めたら入会費31,000円と選択したコースのチケット代を現金で準備する必要があります。

 

私はクレカ派だからチケットを買う時は毎回現金を銀行からおろさなきゃいけなかったのがちょっと面倒って感じてました。でも支払ったらその場でチケット付与をしてくれて即予約できるようになるのはいいなと思ったよ。

ですが、昨今の情勢を踏まえ、2020年4月から振り込み支払いが暫定的にできるようになりました。

引き続きクレカは使えないものの、いちいち現金を持参しなくてよくなったのは◎です。

 

その他にかかる費用

あなたのレベルや英会話を修得する目的によってはテキストを準備する必要があるでしょう。

 

私のレベルは超初心者だったから、小学生向けのテキストをEnglish-Villageで購入したよ!

イラストと英文を紐づけたり穴埋めしたりするものです。

独学だと続かないけど講師と1つ1つ進めていくのでなんとかできました。

問題を解いていく時も勿論会話は英語なので耳を英語に慣らす期間になったと思います。

宿題も出たので自宅学習も自然とできるようになり、レッスン日以外でも英語に触れる時間が増えたよ!

レベル別でおすすめテキストをEnglish-Villageで用意してあり購入することができますし、あなたが見つけてきたテキストに沿って進めることも勿論できます。購入を強く勧められたりすることはありませんのでご安心を!

English-Villageで購入できるテキストは本屋さんや学校でも使われているものです。

価格はレベルによって異なりますが、私の場合は簡単なドリルのようなものだったので1,000円ほどで購入できました。

各レッスンルームにテキストが沢山あるので、購入しなくてもテキストに沿ったディスカッションを毎回することも可能です。

 

English-Villageはスクールに通って受講するスタイルが基本なので、移動費も毎回かかりますね。

あなたのライフスタイルに合った場所を選びましょう。

 

通いやすさ

スクール一覧

English-Villageは首都圏に12校スクールがあります。どこも駅から近いので会社帰りでも通いやすいです。

 

 

 

私は会社から歩いていける場所にあったから、昼間の休み時間を使ってレッスンを受けたりもしたよ!

東京

吉祥寺・池袋・新宿西口・新宿南口・渋谷・渋谷宮益坂

銀座三丁目・銀座四丁目・神田・八重洲・五反田

神奈川 横浜

 

講師はスクール固定でいる方がほとんどですが、中には複数のスクールに曜日ごとに来ている方もいます。

1つのスクールには常時8名くらいの講師が在籍しています。

単校コースですと他のスクールでは受講できないので、あなたのライフワークに合わせて場所やコースを選びましょう。

 

昨今情勢での柔軟対応:受講編

English-Villageは基本、スクールに通ってマンツーマンレッスンを受けますが、昨今の情勢を踏まえオンラインでの受講ができるようになりました。予約時にスクールかオンラインかを選択します。

オンライン受講にはZoomというアプリの事前インストールが必要です。

Zoomのインストールは無料でスマホででも使えますが、オンライン受講時は講師がテキストを書いて表示しながら進めてくれたりもするので、見やすさなどではPCでの受講をおすすめします。

またZoom自体は録画機能がありますが、現在のEnglish-Villageでは録画へのアクセスはできない仕様になっています。

オンライン受講するときは電波の良い環境を選び、ヘッドホンセットなどもあるといいでしょう。

 

私はオンラインもできるようになってより時間の有効活用ができるようになったと感じてるよ!

オンライン受講の場合であっても、単校コースの方は選べる講師もそのスクールに在籍している講師のみになります。

また、あなたがスクールでの受講を希望しても講師がオンラインのみ可となっている場合があります。

これは予約時に確認できるので間違わないように受講スタイルを確認しましょう。

 

人気講師は激戦も? 予約の取り方 取りやすさ

English-Villageではオンラインで24時間予約を取ることができます。

予約できる範囲は3週間先までで、毎日0時に可能枠が更新されます。

人気講師の定義はさておき、あなたがレッスンを受けたい講師のスケジュールを効果的に取りたいなら、更新タイミングの0時にサイトにアクセスするのがおすすめです。

これは既に受講者はトライしているので、0時にアクセスしにくい状態が一時的に起こりますが私はこの方法でだいたい希望日に予約がとれていました。

予約後のキャンセルについては、2日前の18時までは無料でキャンセルすることができますが、それ以降は1回チケットを消化したことになるので注意しましょう。

 

入会すると専用のサイトにアクセスできるようになります。

自分が受講したい日時をクリックすると講師のスケジュールが見えるので、希望時間に空きがあればそこで予約を完了します。

リマインドは事前に登録したメールアドレスに届きます。Zoom受講の場合は前日にZoomルームのリンクがメールで送られてきます。

自分が予約した日時を忘れないようにスケジュール管理することをおすすめします。

また予約したけど遅刻しそう!そんな時でもEnglish-Villageでは開始時間から20分はあなたのために講師は時間を空けて待っています。

30分を過ぎるとキャンセル扱いになり1回消化となりますので注意しましょう。

 

1回消化扱いになっちゃうのは安いといえども勿体ないから、遅刻しそうなときは事前にスクールに連絡を入れて少しでもレッスンを受けるために急いで向かいました。

急に都合が悪くなってしまう事もありますが、なるべく遅刻やキャンセルがないようなスケジュールで予約をとりましょう。

講師はあなたのために時間を空けてまっているのですからね。

初回~授業の流れ

まずはネットから予約しよう

まずはトライアルレッスンの予約をとりましょう。これ自体は無料です。

ネットからでも直接スクールへ電話でもOKです。

ネットでは希望スクールのみ選択できるようになっていて、追って担当の方から電話にて詳細時間の確認が入ります。

電話で予約をする場合はその場で空き時間を取れるので、体験希望するスクールに直接電話してみるのもいいでしょう。

 

ドキドキな初回トライアル

予約した時間にスクールに向かいます。いやーめっちゃ緊張したのを覚えています。

スクール内は受付と小さなウエイティングスペース、そしてレッスンを受ける部屋で構成されています。

レッスンルームはとてもコンパクトで部屋によっては窓がない部屋も多いです。

限られたスペースを区切ってレッスンルームを作っているという感じです。

講師との距離も近いので、閉所が苦手な方やパーソナルスペースが近いとストレスを感じてしまう方は不向きかもしれません。

 

まずは簡単なヒアリングシートの記入から。

そしていよいよレッスンスタートです。

 

トライアルは20分のレッスンだよ。

講師がヒアリングシートを見ながら質問してくるのでそれに答えていく感じです。

“どこで生まれたの?” “仕事は何をしているの?” “趣味は何?” など初心者でも聞き取れるスピードで簡単な質問をしてくれます。これも相手のレベルに応じて変えていると思います。

私を担当してくれた先生は私が答えた英語の誤りを都度分かりやすく教えてくれて、最後に私のレベルに合った修得方法を提案してくれたよ!

20分あっという間でした!

レッスン終了後は受付の方から料金や支払い方法、予約の取り方などの説明を受けます。

その場で入会手続きを進める事も可能ですし、1回持ち帰り検討も勿論可能です。強い勧誘などもありません。

ただ説明を受ける場所は他の受講生がいるウエイティングスペースでなので、少し気が散ってしまうかもしれません。

 

受付の方はとても丁寧

各スクールには受付に日本語を話せる方がいらっしゃいます。

私が行ったスクールはいつも日本人の女性がいらっしゃいました。もちろん英語も堪能な方です。

English-Villageは受講料をできるだけ低くするために、広告や人件費などを最小限に抑える努力をしています。

スクールにいる受付の方は常時1名。他の方の接客をしている時や休憩を取られている時は不在の時間もあります。

なのでタイミングによっては電話が繋がらない、チケット代を払いに来たのにいないなんてこともゼロではありませんが、そう頻発していることでもないので私は気になりませんでした。

なにより毎回笑顔で迎え入れてくれる受付の方は、英会話を始めたばかりの頃の私にとっては緊張も和らぎとても嬉しかったのを覚えています。また、ウエイティングスペースでつかのまの雑談をするのも楽しかったです。

 

ここが肝心 講師の質

何をしたいかはこちらが決める

English-Villageは英会話をどういう方法で学んでいきたいかを自分で決めることができます。

文法からしっかり覚えたい。まずは知っている単語の数を増やしたい。TOEICなどの試験にチャレンジしたい。英文を添削してほしい。とにかくネイティブとコミュニケーションをとりたい。などなど人によって英会話を学ぶ理由は様々だと思いますが、English-Villageではあなたの目的や希望するやり方を伝えればそれを最大限満たす方法を提案実践してくれます。

 

私は講師とどんなかかわり方が自分に合っているのかもよく分かってなかったから、まずは講師におすすめされたテキストで英語に慣れるところから始めてみたよ。

 

テキストに慣れてくると“もっと先生と会話したい”と思うようになったのでテキスト1冊終わった段階で“次回からは自分で話したい内容を考えてくるのでまずはひたすら(間違っていても)しゃべらせて(会話をさせて)欲しい(笑)そして最後に今日のフィードバックをしてください”と依頼しました。

 

マンツーマンだとただでさえ英語話せないのに場がもたないのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、答えはYes。

始めはそういう時もきっとあるでしょう。でも講師側はそれも折り込み済みなのでリラックスした雰囲気を作ってくれますよ。

 

相性が合わないと感じたらいつでも講師を変えることができるのもEnglish-Villageのメリットです。

講師も教えるカテゴリーの得意不得意分野がありますし、あなたが聞きやすい発音やFBの仕方をしてくれる講師がきっと見つかります。

まずはいろんな講師のレッスンを受けてみるのがいいのではないかなと思います。

 

アクセント色々

English-Villageは全てネイティブ講師ですが、出身国によっては若干アクセントや発音が異なる場合があります。

例えば、私は初期に講師とレッスン中こんなやりとりがありました。

 

Sakura, tell me about your career today.

(サクラ、今日は君のキャリアについて教えて)

 

(え?何て言った?カリアってなに?)

 

Well..What's Calia?

(ええっと。。カリアってなんですか?)

 

Career.

(キャリア)

It's about your job.

(君の仕事のことだよ)

 

あ~!キャリアね!(汗)

英語の発音に私の耳が慣れていなかったせいもありますが、講師によっては育った地域のなまりが強い方もいるので混乱が初めの頃はありました。レッスンを重ねると耳もなれ聞き取れるようになり、異なるアクセントを持つ講師でも前後の文脈から理解できるようになるのですが、初めのうちはいろんな講師のレッスンを受けてみて、あなたの耳に聞き取りやすい講師を選ぶのがいいでしょう。

 

FBもそれぞれ

あなたがどんなレッスン方法を希望するかにもよりますが、講師からのフィードバックも固定されているわけではなくEnglish-Villageでは講師に一任されているようで、私も何パターンか経験しました。

・ノートに書いてレッスンの最後にくれる

・講師のPCに打ち込んだものを写メを撮る

・講師のPCに打ち込んだものをスクールのサイト経由で送ってくれる

あなたが復習しやすいFBをしてくれる講師を見つけるのがいいですが、こちらからこうしてほしいけど可能かと依頼してみるのもいいでしょう。その会話すらレッスンになりますよね!

実際にもらったFB

 

ちなみにレッスンは録音OKだから、私はスクール受講の時はスマホのボイスメモを使って録音していたよ!

Zoomの場合はZoom経由では録音(録画)が今はできないので、PCのボイスレコーダーを使ってます。

ただ、イヤホンをつけてZoomレッスンを受けた時は自分の声しか録音されないので注意だよ。

 

まとめ

初心者からでも気軽にチャレンジできるスクール

赤ちゃんが言語を覚える時はまず耳から入ってきた音からです。どんな音が入ってくるかで発音も変わってくるんですね。

ネイティブ講師が揃ったEnglish-Villageなら本場の英語の音が体感できます。

もしあなたが私と同じ超初心者なら、最初からネイティブの発音を耳にすることであなたの耳が英語を聞き取る力やスピードが上がると私は思いますし、すでに一定レベルのある方でもアクセント修正に役立つ事間違いなしです。

自分の好きなスケジュールで予約がとれ、お気に入りの講師が見つかるまで何度でも変えられる柔軟性もメリットが大きいはず。

ルールに縛られた学習法ではなく、あなたの目的に沿ったあなたのやりやすい方法を取れるのもモチベーションをキープしながら継続していけるポイントになると思います。

コストもマンツーマンスクールではトップクラス。

安かろう悪かろうと心配される方もいると思いますが、講師との相性はあれどそれはどのスクールでも起きることです。

マンツーマンレッスンができるスクールの中でEnglish-Villageは極めて低コストで英会話に挑戦できる環境と言えるでしょう。

入会金が不要な2回トライアルや20分ですが無料体験もできるので、やろうか悩んでるならまずは1歩踏み出してみてはどうでしょうか!

2回トライアルを終えて入会を決めた時は入会金31,000円が必要です。

予習復習は自然と身につくけどマスト条件でもある

語学学習は時間がかかります。その時間はおよそ3000時間。これだけ聞くと気が遠くなりますよね。

毎日休まず2時間英会話学習に向き合ったとしても年間730時間です。

40分のネイティブとの会話をより充実した時間にするためにも、予習復習は必須です。

始めた当初は私も何を予習復習したらいいのか分かりませんでしたが、English-Villageでは自分の好きなカテゴリーで会話できるので、私は「今日話したい事リスト」を作り英文を組み立てる予習をしました。

講師からFBをもらったら、ノートに書きこんで文章を音読する復習もしました。

英語を話すにはどう発音するかを知ることが大事なんです。

どう発音するか知っていると相手が言った音も聞き取れるようになり、自分でも発音できるようになります。

 

 

 

家では独り言のように英語の文章を声に出して読んでます!

私が実際やっているトレーニングとして、英語で日記を書くのもおすすめですよ。

教科書や机上の勉強だとモチベーションがつづきませんが、自分が書きたい事、話したい事であれば自然と調べたり興味がわくものです。

 

私の英会話力 どこまで伸びた

スタート時はbe動詞の理解も危うかった私ですが(お恥ずかしい)自分が話したいカテゴリーで講師との会話を重ねるうちに3ヶ月程で講師にゆっくり基本の発音で話してもらえれば2行程度の文章を聞いて理解する事ができるようになりました。

これは自分が話したいカテゴリーなので知っている単語が多かったというのもポイントでした。

3ヶ月で私が利用したチケットは20時間分くらいです。40分のレッスンを週2回をマストにして、時間がある時は80分や1日に2レッスン受けました。自分のスケジュールに合わせて予約が取れるのは本当にやりやすいと感じます。

お気に入りの講師スケジュールが取れない時もありますが、いろんなタイプのネイティブと会話する事にデメリットはないので何人か候補の講師を絞って予約をしていました。

 

スピーキングは文法は正しくないものの、短い単語を並べてなんとか言いたい事を伝えられる、分からない事を質問できるようになりました。

半年を過ぎるころには文法や前置詞の使い方を会話を通じて覚えてきたので関係代名詞と言われるものを使って文章を組み立て言えるようになりました。

 

とにかく話したい!という目的の私にとって、細かな文法ルールはあまり重要ではありませんでした。

会話って相手に自分の伝えたいことが言えて、相手の言っていることが理解できることなので一言一句間違わずに正しい文法で話す必要はないと私は考えます。そう思ったら何倍も英会話が楽しくなりましたよ。

勿論、資格取得のためにきっちり文法を覚えたいとう方にもEnglish-Villageの講師陣は◎です。

 

結論:英語は話さないと話せるようにはならない

あなたの英会話スクール選びの参考になっていたら嬉しいです。

 

 

 

 

この記事を書いたライター

Sakura

Hello everyone!

猫と筋トレをこよなく愛するSakuraです!

フルバリューへようこそ!

私がここで発信する理由?

安心な場所から正しい情報を気軽にGETしたい!

といつも自分が感じているので、私が知っている確かな情報をみなさんにシェアしたいと思ったからです。

ここで得た情報があなたの更なるフルバリューに少しでも繋がったら嬉しいです!

Come on! Let's go to full value together!

 

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ