dTVは料金が安い!登録・支払い方法と登録前の注意点を解説!

記事更新日: 2020/06/30

ライター: Yuki

dTVは動画配信サービスの中で料金が格段に安いです。

料金の安さで言えば、プライムビデオとdTVが約500円と肩を並べます。
(dTVの基本情報として本文でdTVと他のサービスの比較も行います。)

また配信されている作品数も圧倒的な多さです。

そんなdTVの登録方法と料金の支払い方法を解説していきます。

ただし料金と作品数で圧倒的なコスパの良さに見えるdTVにも注意が必要です。

登録前に気をつけてくださいね。


yuki

私自信、huluやU-NEXT、プライムビデオ など有名な動画配信サービスを色々使ってきています。

dTVの登録方法を説明しつつ、注意点も解説しておきますね。

 

この記事でわかること

・他の動画配信サービスと比較したdTVの特徴

・dTVの登録方法

・dTVの料金支払い方法

・dTV利用における注意点

 

ライタープロフィール
yuki

ドラマや映画が好きで2015年からこれまで様々な動画配信サービスを利用してきた。

特に国内ドラマや海外ドラマは特に好きで、動画配信サービスを利用するメインの目的になっている。

各動画配信サービスで作品やサービスの特徴の違いを調べ、自分にとって最も合っているサービスhuluは長期的に利用し、それ以外にもU-NEXTやFODなどhuluで見れない作品を見るのに並行して、利用し続けている。

dTVの評判を知るにあたり、最近はdTVを新たに利用し始めた。

dTVの特徴

dTVの基本情報

まずは基本情報ですが、動画配信サービスのdTVを運営している会社はNTTドコモです。

通信事業の3大キャリアの一つが運営しているサービスなので、しっかりしており、怪しい会社ではありません。

dTVサービスの月額利用料やその他基本情報は以下になります。

税込み550円の動画配信サービスで、作品数は12万作品と言われており、無料期間も31日間なので、長く設定されております。

作品は見放題だけではなく、追加課金によって視聴可能になるレンタル作品も一部ありますが、幅広い作品が配信されていて、月額は安いです。

この表の基本情報や数字だけ見るとすごくお得感があるように思えますね。

 

他サービスと比べたdTV

動画配信サービスの中でのdTVの立ち位置に関して紹介します。

下記表は有名な動画配信サービスを比較した表になります。

それぞれのサービスで料金、作品数や強みのある作品ジャンルの違い、無料視聴期間など色々な違いがあります。


yuki

dTVはすごく安いです。

相場は大体1000円前後ですが、dTVはその半分です。

dTVとしてはまず料金面でプライムビデオと並ぶ安さです。

見放題とレンタル両方の作品があるので、配信されている作品全てを会員登録してみれるわけではありません。

国内・海外ドラマに強みがあるサービスや新作映画に強みがあるサービスが他にあります。

dTVは全体的にバランスよく各ジャンルの作品があるのですが、ミュージック動画は他のサービスと比較した時の強みになります。

また無料視聴期間は31日間です。


yuki

月額が安いのに加えて、無料期間も1ヶ月と長いので、気軽に利用できます。

 

料金が安い

dTVの嬉しいポイントはなんといっても価格が500円と安いところです。

表のサービス以外にも動画配信サービスは相場は1000円前後の場合が多いです。

一般的な相場の半額で利用できて、かつ様々なジャンルの動画を見ることができます。

また無料視聴期間も31日間と長く設定されているので、もし自分に合わなかったとしても、無料期間中に解約すれば1円も支払う必要がありません。

動画配信サービスの決めては安さだという人には、まずは無料でトライアルをしてもらいたいです。

 

dTVの登録から料金支払い

dTVの登録方法


yuki

それではdTVの登録方法をスクショと一緒に紹介していきます。

dTVの登録にはdアカウントを使います。

dアカウントの登録はドコモ回線の契約がなくても可能です。

まずはdTVの公式サイトに移動しましょう。

公式サイトに飛ぶと、下の画像のように31日間無料おためしをクリックしましょう。

すると2枚目の画像に飛びます。

下の画像のような画面に飛ぶと、dアカウント発行というボタンがあります。

dアカウントを持っていない人は先にdアカウントを発行しましょう。

すでにdアカウントをお持ちの場合は、その下のログインを押しましょう。

dアカウントがある人はログインから下の画面に飛ぶことができます。

下記入力しましょう。

入力項目

・登録するdアカウントID

・パスワード

・名前/生年月日

・クレジットカード情報

 

上記を入力したら確認画面へをクリックしましょう。

クリックしたら、規約に同意するにチェックを入れる画面が出てくるので、チェックしましょう。

そして申し込みを完了するをクリックすればdTVに登録されます。

新規会員であればこの登録日から1ヶ月間料金の請求なく利用することができます。

 

dアカウント発行方法

dアカウント未保持者のみ対象

dアカウント保持者は読み飛ばしてください!

dアカウントのサイトより登録を行います。

まずは下の公式サイトの画面に飛んだら、右上のアカウント管理へをクリックしましょう。

次は下の画面のように、メールアドレス登録に移ります。

yahooメール、Gmail、ドコモのメールアドレスと、それ以外のアドレス登録欄があります。

もちろんドコモのメールアドレス以外の登録も可能です。

メールを選択すると、次は情報の登録が必要になります。

入力項目

・登録するパスワード

・名前/性別

・生年月日

 

各情報を登録すると次は確認画面になります。

規約に同意して次へを選択すると、dアカウント発行完了になります。


yuki

dアカウントの発行自体は簡単です。

ただし、メールアドレスの選択の時点でエラーが発生する場合があります。

その場合は、そのメールアドレスで登録されている可能性があります。

別のメールアドレスでもう一度登録するか、パスワードを忘れた場合はこちらというのを選択しましょう。

 

dTVの料金支払い方法

dTVの料金の支払い方法に関しては2パターンあります。

ドコモ支払いかクレジットカード払いかです。

しかしドコモ支払いができるのは当然ですが、ドコモユーザーのみになります。

普段使用しているクレジットカードでポイント還元を狙っている人はクレジットカード支払いで問題ないと思います。

dTVの料金支払い方法はかなり少ないです。

dTVの支払いではdポイントがつくので、dポイントを貯めることができます。

しかし、dポイントで月額料金の支払いを行うことはできません。

ただし、サービス内のレンタル作品をdポイントで支払うことは可能です。

また支払い方法の設定は登録方法のところでも説明しましたが、最初の登録のところで入力します。

新規の登録の場合、料金は発生しませんが支払い方法の入力は必要になります。


yuki

ドコモ非ユーザーにとってはクレジットカードしか支払い方法がありません。

クレジットカードを使わない人にとってはすごく不便です。

 

契約状況確認方法

サイト内で自分の契約状況や料金発生日を確認することも可能です。

確認方法をスクショで紹介していきます。

まずホーム画面で上の項目にあるアカウントを選択し、契約状態/ご利用履歴を選択しましょう。

契約状態/ご利用履歴を選択すると下の画面に飛びます。

契約状態やドコモ回線の有無、会員のランクなどが表示されます。

黄色の枠で囲ったドコモ決済情報を確認するをクリックしましょう。

ドコモ決済情報をクリックすると、dTVを合わせた他のdアカウントを利用して登録しているサービスの利用状況を確認できます。

下の画面のようにmy docomoのホームページに飛びます。

黄色の枠で囲ったように、dTV契約中という表示が出てきて、新規会員登録後1ヶ月目であれば、無料で利用できる期間が表記されています。


yuki

自分の会員情報や料金発生日などを簡単に把握できる機能があるのはいいですね。

 

dTV利用における注意点

料金支払日に注意

dTVは料金発生日が毎月1日になります。

そのため、1日〜31日で締められるため、登録日は少し気にした方がいいかもしれません。

月の後半に契約を開始すると少し損した気分になります。

例えば上記の表で15日頃に無料視聴会員として登録した場合、1ヶ月後から本会員が開始します。

しかし、30日で締められますので、15日間で500円の支払いになり、日割計算されません

そのため、可能であれば、無料視聴の登録タイミングも見計らいましょう。


yuki

登録日には要注意ですね。

他のサービスだと登録日からきっちり1ヶ月間で料金発生になるサービスもあるのですが、dTVは違います。

毎月1日に料金発生です。

金額が安い分動画の質はいいのか?

dTVは月額料金が安く、配信作品が多いです。

しかし一概に作品数が多いと言っても、最も重要になるのは、自分が見たい作品があるのかということでしょう。

料金と作品数に加えて話題作品が多いなど、コンテンツとしての質が良かったら、コスパ最高ですね。

huluやU-NEXTなど話題作が多く配信されているサービスに比べdTVの配信作品はどうなのでしょうか?

見放題作品に関してジャンルごとに見ていきましょう。

国内ドラマ

・昼顔

・SPEC

・仁 JIN

・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

・過保護のカホコ

・家売るオンナ

 

海外ドラマ

・HEROES

・レジェンド・オブ・トゥモロー

・SUITS

・ウォーキングデッド

・私はラブ・リーガル

・ドクター・フー

 

邦画

・SPEC

・ちはやふる(一部のみ)

・闇金ウシジマくん

・ROOKIESー卒業ー

・四月は君の嘘

 

洋画

・バック・トゥ・ザ・フューチャー

・最強のふたり

・ワイルド・スピード

・スパイダーマン

・バイオハザード

・トランスポーター

 

アニメ

・名探偵コナン

・鬼滅の刃

・BLEACH

・ナルト

・キングダム

・進撃の巨人

・銀魂

5つのジャンルに絞って、それぞれの話題作のラインナップを挙げてみました。

もちろん作品はこれらだけではなく、さらに多くの作品が配信されています。


yuki

どのジャンルでも話題作品は多いです。

各ジャンル作品における満足度

各ジャンルで作品が揃っていますが、他の動画配信サービスと比較すると、配信の早い遅いはあります。

しかし、作品ラインナップのみで他の動画配信サービスと比較した筆者の満足度を下に示します。

海外ドラマに関しては見放題で見れる作品がとても少ないです。

HEROESやウォーキングデッド、SUITSは面白いのですが、他サービスと比較すると少ないです。

国内ドラマは昔のドラマや最近のドラマなど幅広くカバーしており、他サービスにも劣らないラインナップだと個人的に感じました。

洋画も最近の作品は少ないものの過去の話題作が豊富なので、問題なしです。

コンテンツの質に対する結論

海外ドラマを除けば、それなりにいい作品が配信されています。

アニメや国内ドラマなどを中心に見る人であれば、十分な質があるので、コスパよしです。


yuki

国内ドラマ、洋画、アニメは他のサービスと比較しても、満足度が高いです。

これはコンテンツの質も揃って、コスパ良しですね。

レンタル作品も多い


yuki

海外ドラマで見たいなーと思ってた作品がことごとくレンタル対象だなー。

レンタル作品も多いので、どうしても見たいと思った作品が、課金が必要というのはよくあります。

海外ドラマで有名なサービスが他にもありますが、dTVではほとんど見れないと言っても過言ではありません。

レンタルの場合一作品あたり400円〜500円ほどかかってしまうので、注意しましょう。

 

まとめ

dTVは新規登録の場合、31日間無料でトライアルできます。

登録はdアカウントが必要になり、dアカウントを持っていない人からすると、少し面倒ですが、試す価値はあります。

作品数、月額料金、総合的なコンテンツの質全てが問題なしなので、自分が見たい動画が多くあるのであれば、十分楽しめるでしょう。

見放題、レンタルにどんな作品があるかも見ながら、楽しむことができます。

まずは無料お試しをしてみましょう。

 

 

 

 

この記事を書いたライター

Yuki

日頃新しいことを取り入れるのが好きで、経済ネタやエンタメ、新技術で作られた製品など気になります。

サイトでも新しいことをしっかり調査し、正しい情報をお届けしていける記事を作成します。

この記事に関連するラベル

ページトップへ