ビーチサンダルだけじゃない!おすすめメンズサンダルコーディネートをご紹介!

記事更新日: 2020/07/30

ライター: NJ(エヌ・ジェー)

皆さんこんにちは!

NJです!

夏のファッションのフットウェア「サンダル」について紹介したいと思います。

スニーカーやブーツ、レザーシューズとフットウェアは様々ですが、中でもサンダルは気温の高い季節にしか履かないものですよね?

言い換えれば着用するだけで簡単に季節感が出せるアイテムなんです。

短い期間しか履かないものなので気を抜いてないですか?

気楽なビーチサンダルでも全然良いんですが、ファッションアイテムとして活躍できるサンダル紹介します!

 

メンズサンダルの種類

まずはサンダルの種類を紹介していきます。 サンダルと一括りに言っても意外と種類があります。 どれもなんとなく見た事あると思うものだと思うので簡単に紹介します。

NJ(エヌ・ジェー)

誰もが一度は見た事があるようなサンダルが多いかと思いますが、特徴を紹介していきます。

 

フラップサンダル

引用元:Amazon

恐らく「サンダル」というとこのフラップサンダルを思い浮かべるのではないでしょうか?

いわゆるビーチサンダルで水辺で活躍する定番の形です。

シャワーサンダル

引用元:Amazon

20代30代を中心に近年人気があるサンダルがこのシャワーサンダル!

スポーツブランドを中心に様々なブランドから発売されており、ブランドロゴを前面に押し出したポップなデザインが多いです。

ふっくらとした程よい厚みのあるものが多く履き心地が良い事も特徴です。

コンフォートサンダル

引用元:Amazon

素材に決まりがある訳じゃないですが、レザー素材が多く上品な印象を与えてくれるのがコンフォートサンダルです。

コンフォートというのは「快適」という意味。

ソールは足の形に合わせ凹み作っているものが多く文字通り快適な履き心地です。

グラディエーターサンダル

引用元:Dr.Martens

なんだか仰々しい名前のサンダルですが、グラディエーターと言えば古代ローマの戦士。

ご想像通りそのグラディエーターが履いていた履物からインスパイアされたサンダルです。

一般的なサンダルよりストラップが多く、デザイン性が高い事も特徴ですが、ホールド感が強いサンダルとなっています。

ストラップサンダル

引用元:楽天市場

イメージとしてはグラディエーターサンダルをもう少し簡易的にスポーティー感を足したサンダルといったところです。

従来はアウトドアブランドのものが多かったのですが、近年ではスポーツブランドからも多くスポーツブランドならではのポップなモデルも多く発表されています。

シューズサンダル

引用元:Amazon

その名の通り、シューズとサンダルを足したようなサンダルです。

半分はシューズの為、脱げにくい作りのサンダルとなっておりアウトドアシーズンで大活躍のシューズサンダルです。

サンダルを使ったおすすめコーディネート

サンダルはアイテムとしては非常にラフなアイテムですが、合わせ方次第では大人っぽく上品に見せる事ができます。

何より夏ならではのお洒落アイテムなので季節限定のファッションを楽しみましょう!

早速サンダルを取り入れたコーディネートと着用している物に似た参考アイテムをご紹介!

ブラックコーディネート×フラップサンダル

引用元:Tumblr

トップスは長袖のスウェットなので夏と言うよりは初夏や梅雨時期に活躍のコーディネートです。

ベッカム先生流石ですね〜!

ワンポイントの入ったスウェット×艶感のあるショーツにシンプルなフラップサンダル。

このショーツに艶感があるかないかが部屋着かお洒落着かを分ける大きな決めてです。

艶があるショーツなのでラフなサンダルとスウェットでもきっちりして見えます。

サンダルの素材をレザーにいてあげるとより一層上品さがでます。

 

参考アイテム

 

引用元:Amazon

ISLAND SLIPPER

1946年にハワイで創業されたサンダルブランド。

しっとりとした上質なレザーを使用した高級感のあるサンダルで機械ではなく職人による手作りで生産されています。

履き心地がとても気持ちの良いサンダルになっています。

 

柄ソックス×レザーサンダル

引用元:WEAR

こちら「お洒落上級者」という印象なコーディネートですが、ポイントを抑えれば簡単に真似できます。

柄ソックスなので、ごちゃごちゃしないように合わせるサンダルは単色のできればブラック系のサンダルを選びましょう!

又、こちらのコーディネートのようにスポーティーな物でなくレザーで高級感のある物を選び、レザーシューズの感覚で扱ってあげるとイメージが湧きやすいと思います。

 

参考アイテム

引用元:Dr.Martens

Dr.Martens

ブーツ界の大定番「8ホールブーツ」で有名なDr.Martensからブランドらしさ全開のレザーサンダルです。

無骨な重厚感のあるソールにお決まりのイエローステッチで同ブランドのレザーシューズのようなサンダルです。

コーディネートもレザーシューズと同じように考えてあげると、コーディネートに上品さが加わります。

近年人気の出てきているモデルなので要注目です!

海辺の大人カジュアル×シューズサンダル

引用元:WEAR

カジュアルですが、小綺麗にまとめる事によって大人っぽさがグッとでます。

小綺麗にまとめるには自分にあったサイズ選びがポイントとなります。

ショートパンツを合わせる際に気を付けたいのは、トップスを若干オーバーサイズ気味にすると脚が細く見える為、バランスがよくなります。

気になるサンダルはNIKEの「アクアリフト」!

シューズサンダルを合わせる事によってタウンユースにも対応できるコーディネートとなります。

 

参考アイテム

引用元:NIKE

NIKE アクアリフト

みなさんご存知!NIKEの人気モデルです。

90年代感満載のポップなシューズサンダルとなっています。

ボリュームのあるソール、足袋のように分かれた先端でとても特徴的なシルエットとなっています。

 

モード×ハイテクストラップサンダル

引用元:WEAR

個人的にめちゃめちゃ好きです!

こちらのコーディネートはいわゆるモード系のコーディネートなのですが、キメ過ぎていないリラックス感のあるコーディネートです!

アイテムはショーツ×カーディガンといったカジュアルなアイテムですが、両方とも艶感があるのでドレスライクな印象になります。

通常だとハイテク系スニーカーを合わせたいところですが、ボリュームのあるハイテク系ストラップサンダルで夏らしさのあるモードコーディネートとなります。

モードって何?

ファッション関連の記事を読んでいると度々目にする「モード」ですが、簡単に説明します。

モードとはフランス語で「流行」という意味です。つまりはその年の流行を取り入れたファッションの事をいうのですが、いわゆる世間一般の流行とは少し違い、パリコレ等にでているトップブランドが発表する独創的な最先端のファッションの事を指します。

しかし、現在は「モード系」と称され、モノトーンを基調とし独創的でデザイン性の高いアイテムを着用したファッションを指す事が多いかと思います。

 

参考アイテム

引用元:SSENSE

SUICOKE

2006年に日本で設立されたシューズブランド「SUICOKE」(スイコック)。

枠に囚われないこだわりのある物づくりを続けているこの当ブランドですが、2014年にはビブラムソールを搭載したサンダルを発表しました。

ビブラムソールと言えばトレッキングブーツ等で採用されている物が一般的ですが、このソールを搭載したサンダルはSUICOKEが世界初となります。

どのモデルもボリューム感がありますが、素材感でポップな印象となっているもので多いです。

トレッキングブーツ並のグリップ力があり履き心地抜群のサンダル是非お試しを!

 

オールホワイトコーデ×レザーコンフォートサンダル

 

引用元:男前研究所

オールホワイトコーディネートにブラックレザーのコンフォートサンダルを合わせたかっこいい大人に許される上品なスタイルです!

レザーバック、ベルト、サンダルを全てブラック系のレザーで揃え、サングラスも艶のあるブラック系となっている為、膨張色である白にメリハリを持たせています。

30代後半くらいから挑戦したいコーディネートですね♪

参考アイテム

引用元:Amazon

BIRKEN STOCK

コンフォートサンダルと言えばこのBIRKEN STOCKが有名です!

セレクトショップから一般的な靴屋さんにも置いてある世界中で愛されています。

今回はオールレザーの最上位クラスのもを紹介していますが、近年はEVA素材で作られた廉価版モデルも人気となっています。

 

 

この記事を書いたライター

NJ(エヌ・ジェー)

初めまして!NJ(エヌ・ジェー)と申します!

 

仕事もそこそこにファッションと映画と筋トレを中心な生活を送っています。

このジャンルで副業→本業に育てていきたいと思っています!

ファッション好きでいろんなジャンルのブランドを来てきましたが、直近では「Rick Owens」、「COMME DES GARCONS」、「UNIQLO」がお気に入り。

映画や海外ドラマに関しては映画館や家問わずに年間100本程観ています。

最近は幼少の頃(おそらく6際頃)から追いかけてきたSTAR WARSシリーズのスピンオフドラマ「The Mandalorian」に熱狂しています。

筋トレは4年程前のダイエットがきっかけでハマってしまい、筋トレができない日が3日以上続くとイライラしてくる程になってしまいました。

この記事に関連するラベル

ページトップへ