メンズのアイプチはカッコよくなる?実際にやって検証してみた!

記事更新日: 2020/07/30

ライター: ノビー

C

女性の美しさや男性のカッコよさって、色んな要素で決まるよね?

大雑把に分ければ外見と内面の2つだけど、どっちが大事だと思う?

C

そりゃあ、外見でしょ!!

大半の人はこのように答えるのではないでしょうか?

そして、外見にも色んな要素があります。顔、髪型、清潔感、スタイル、ファッションセンス、どこを重視するかは人それぞれでしょう。

ノビー

まあそれでも、一番大きなウェイトを占めているのはやはり顔だと思います。

C

じゃあ、顔のパーツの中で、最も女性の美しさや男性のカッコよさを決定づけるパーツはどれだと思う?

C

うーん、「目」じゃないかな!

これも多くの人は同じことを答えるのではないでしょうか?

男性女性限らず容姿が良いとされている人の目は大きく、「ハッキリクッキリパッチリ」の「目力ギンギン」であることが多くないですか?

ノビー

そう。顔で言う目はバスケの試合で言うリバウンド。「目を制する者は顔を制す」のです。

 

冷静に魅力的な目ってどんな目なんでしょう。

答えは単純です。

①大きい目

②二重の目

③黒目が大きい目

ノビー

魅力的な目というのは以上のいずれかないしは全ての要素を持っています。

①の大きな目というのはメイクを用いればいくらでも実現する方法はあるでしょう。

女性は常識のように知っているかもしれませんが、男性は目を大きく見せる方法なんてほとんど知りません。

 

②の二重の目というのは一重の目と比べてクッキリハッキリな印象を与えますよね。

同じ大きさの目でも二重の目の方が大きく見えたりします。

一重や奥二重の人はアイプチを使うことで手軽に二重にすることができます。

 

③に関しては女性の可愛らしいお目目を作るのに大事な要素で、男性の場合は黒目が小さく白目部分が大きい三白眼なんかが好まれることもあります。

女性でも小松菜奈のような三白眼で綺麗な人も稀にいます。

黒目を大きくするには基本的にカラコンを使えば一発です。

C

目を制すると言っても、顔のパーツは遺伝じゃん。

生まれつき魅力のない目の人は整形か化粧で強化しない限り顔を制するような目は手に入らないんじゃない?

C

女性は化粧する文化が染み付いてるから抵抗なく目の強化に勤しめるけど、男性の俺たちはそうもいかないよなあ。

近年になりメンズコスメが流行り出してきてはいますが、まだまだ男の化粧というのはハードルが高いのが現実です。

ノビー

では、化粧という大掛かりな工程を経るのではなく、たった1つの細工を目に施すだけだったらどうでしょう?

なんとなくできそうですよね?

 

じゃあその細工ってなんなのかっていうと、「アイプチ」なんですね。

アイプチとは、目を二重にするための道具です。

目がクッキリ二重になるだけで、その人の顔の印象は大きく変わります。(基本的に良い方向へ)

 

アイプチ?そんなの女がやるもんだろ?

確かにそう思われがちですが、印象が良くなるのであれば男性だって使って然るべきですよね!

ノビー

アイプチを使ってクッキリ二重を手にすることができれば、モテる可能性が大きくなるのですから!

 

ということで今回は、男性でも気軽にできるアイプチの方法や商品を紹介したいと思います!

・一重に悩んでいるけど、アイプチまでするのは男として抵抗がある男性

・アイプチをやってみたいけど、どれぐらいの効果が得られるのか分からず踏み出せていない人

ノビー

このような悩みを抱える男性の手助けとなる記事となっております。

 

この記事を読んでわかること

・メンズがアイプチをするとどのような変化が期待できるのか

・アイプチの簡単なやり方

 

アイプチの種類

アイプチにもいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります、

大きく分けると3つになります。

液状(のり)タイプ

液状ののりでまぶたの皮膚をくっつけて二重を作るタイプのアイプチです。

二重幅の微調整がしやすいのが特徴です。

 

テープタイプ

テープによってまぶたの皮膚をくっつけて二重を作るタイプのアイプチです。

要領は液状タイプと同じようなものですが、液状タイプが通常ののりだとしたらこちらはテープのりのような感覚ですね。

液状タイプに比べてキープ力・安定感があるのが特徴ですが、まぶたに異物感を感じる人もいます。

片面テープのタイプと両面テープのタイプがあります。

 

ファイバータイプ

ファイバーテープというものをまぶたに押し込んで線を作り出し、二重にするタイプのアイプチです。

より自然な二重を作ることができますが、まぶたが厚い人が使うとうまく二重が作れないことがあるという難点があります。

 

それぞれの特徴を加味して自分に合うものを選べば良いと思いますが、個人的には初心者にはテープタイプのアイプチをオススメします!

なぜかというと、一番簡単につけられるからです!

やはり手間が掛からないのが一番良いですよね。

ノビー

テープタイプはキープ力も高くつけ直しの必要もないので、私のような放漫系男子にはもってこいです。

 

アイプチをつけたらどれくらいカッコよくなれるか

それでは実際にアイプチをつけてみてどれくらいカッコよくなれるのか見ていこうじゃありませんか。

ノビー

私はゴリゴリの奥二重。

一応二重の分類?ではあるが比較的キレ目で若干イカツい印象をもたれがち。これのせいで何回も損してきました。

パッチリ二重の優しげなお目目に何度憧れを抱いたことか。

ノビー

「アイプチでパッチリ紳士系二重をゲットして女の子にモテるんだ!」そんな感情が私を奮い立たせました。

 

今回使用するアイプチはこちら!!

ふたえテープ メッシュ 384枚

Amazon ふたえテープ メッシュ 384枚Amazonに売っている両面テープタイプのアイプチです。

384枚の大容量で599円と破格なところが嬉しい。

ノビー

テープタイプのアイプチは以下の手順で行っていきます。

  • まぶたの皮脂を拭き取る
  • 二重の幅を決める
  • まぶたにテープを貼る
  • 整える
  • まぶたを接着させる

アイプチ前の目はこんな感じです。

二重は二重ですが、目頭にかけて二重のクッキリラインがなくなっています。

ノビー

この中途半端な二重をクッキリ二重にしていきたいと思います!

 

1.まぶたの皮脂を拭き取る

めんどくさいですが、アイプチの効果を最大限にするためにこの作業は必要になります。

皮脂や汚れが残ったままアイプチをするとうまく二重にできなかったり、できてもキープ力が落ちたりします。

なので、しっかりまぶた周りの皮脂をしっかりと拭き取りましょう。

クレンジングシートなど持っている人は使うと良いですが、ほとんどの男性は持っていないでしょう。

ウェットティッシュで十分です。ウェットティッシュすらない人は最悪洗顔でOKです。(笑)

ノビー

ちなみに私はクレンジングシートを持っていないのでウェットティッシュを使っています!

 

2.二重の幅を決める

プッシャーでまぶたをなぞると一時的に二重のラインを出すことができます。

適当な位置に付属のプッシャーを差し込み、

二重にしたいラインになぞります。

するとこのように、一時的に二重のラインが浮き上がります。

 

POINT:あんまり幅を広くしようとしすぎるとすぐに戻ってしまうので、適度な幅に調整するのがポイントです。

適切な二重幅は人それぞれです。プッシャーでなぞってスムーズにラインができる場所がその人の適切な二重幅です。

ノビー

テープを貼る時に必要なので、この二重のラインができる場所を記憶しましょう。

 

3.まぶたにテープを貼る

一番大事な作業です。

クッキリ二重を作りたいポイントに合わせてテープを貼ります。

私の場合は目尻にかけて二重がクッキリしており目頭側は一重に近いので目頭側に寄せてテープを貼ります。

 

POINT:縦軸は、先ほど決めた二重幅の気持ち下の位置にしよう!

目を半目にして、狙った位置にテープを貼ります。

私は付属のピンセットを使いますが、使いにくかったら手で貼るのも良いでしょう。

 

4.調整する

まぶたにつけたら、手で位置を微調整し、肌に馴染ませましょう。

馴染ませるとこんな感じになります。

赤枠で囲まなければどこに貼ってあるのかほとんどわからないくらい肌に馴染むので、バレにくいです。

 

まぶたを接着させる

最後の仕上げに、テープでまぶたをくっつけて二重を作っていきます。

予め決めておいた二重ラインのところにプッシャーを押し込みます。

うまくくっつかない時は手でまぶたを上下からつまむようにすると二重を作りやすいです。

 

完成!

目頭までクッキリの二重を作ることができました!

アイプチ前とあとで比較してみましょう。

目頭までクッキリと二重のラインが現れ、アイプチ前より明らかに目元が凛々しくなりましたよね?

 

落とし方

テープタイプのアイプチの落とし方は2通りあります。

 

1.クレンジングオイルで落とす

クレンジングオイルをまぶたに塗ることで剥がれやすくなり、簡単に落とすことができます。

 

2.暖かいタオルで温湿布する

タオルをお湯などに浸して温めたものをまぶたに当てます。

すると熱でテープが剥がれるので簡単に落とすことができます。

 

手で無造作に剥がすのはやめよう
〜目に悪いです〜
男性だとクレンジングオイルなんて持っていない人がほとんどですし、温湿布を作るのにもちょっとした手間がいるので、手で無造作に剥がしたくなる気持ちは非常によくわかりますが、一部のアイプチが剥がしきれずにまぶたに残ったり、まぶたを傷めることに繋がるので、必ず上記の方法で丁寧に剥がすようにしましょう。

アイプチの注意点

アイプチをする上で留意すべき点を伝えておきます。

まぶたの異物感

テープを貼るわけですから、若干の異物感があることは否めません。

しかし、つけてから時間が経つと慣れて特に何も感じなくなります。

ノビー

最初は我慢して慣れていきましょう!

 

最初は付けるのが少し難しい

最初は思っていたより付けるのに苦戦しました。

なんせ小さいものを扱うので多少神経を使います。

特にアイプチを貼る位置を探るのが難しいです。

ノビー

最初のうちはいい感じの位置に貼れず、剥がして捨てることもあると思いますが、慣れればうまく付けれるようになってくるのでそこまでは根気よく続けましょう!

まとめ

こんな感じで、チョチョっと簡単な作業をするだけでパッチリ二重にすることができました。

不自然なほどの変化はないので、バレる心配をせずに、以前より自信を持って生活することができています。

 

メンズだって、アイプチをしてカッコよくなれるんです!

今回紹介した商品に限らず、アイプチは高くても1500〜2000円程度で買えるので気軽に試せると思います。

ノビー

一重でパッとしない目元にお困りのそこのあなた!アイプチで人生楽しくしちゃいませんか?

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ