夏ファッションの必須アイテムメンズサングラスの選び方とおすすめアイテムを紹介!

記事更新日: 2020/07/31

ライター: NJ(エヌ・ジェー)

みなさんこんにちはNJです!

日差しが強くなる夏ですが、そんな夏の必須アイテム「サングラス」を今回は紹介したいと思います!

紫外線から眼球を守るというのがサングラスの本来の目的ですが、ファッションアイテムとしてのイメージの方が強いかと思います。

顔周り一番目立つ部分なので、そこに持ってくるアイテムはコーディネートの印象を大きく変える効果があります。

NJ(エヌ・ジェー)

取り入れるだけで一気に雰囲気の変わるアイテムなので、自分にあった物を見つけましょう!

 

 

代表的なサングラスの種類

ウェリントン

引用元:Ray-Ban

サングラス の大定番の形がこの「ウェリントン」です。

1950年代に流行していたフレームが逆台形型になっている形が現在でも定番となっています。

レトロなデザインですが知的な印象を与えてくれる為、スーツスタイル等のかしこまったコーディネートでも合わせる事のできる万能モデルです。

ラウンド

引用元:白山眼鏡店

その名の通りラウンド形状の丸型のフレーム、レンズという特徴を持っています。

非常に知的な印象の強いこの「ラウンド」タイプは歴史上の偉人や芸術家から愛されており、その人物の個性的な魅力を引き立ててくれます。スティーブ・ジョブスやジョン・レノンが愛用している形といえばピンとくる方も多いのではないでしょうか?

オーバル

引用元:Amazon

オーバル型サングラスはクセが無い事から、顔立ちやヘアスタイルを選ばない万能デザインと言えます。

比較的大きいサイズのレンズで顔を覆うようなデザインの物が多く小顔効果も抜群となっています。

デザインのバリエーションも多い事も特徴です。メタルフレームで全体的に細めのものは知的な印象を、太めのフレームの物はモードな印象を与えてくれるので自分に合ったデザインがきっと見つかるはずです!

ボストン

引用元:SSENSE

丸みのある逆三角形のデザインのこのサングラスはアメリカ ボストンで流行した事からこの名で呼ばれています。

近年では薄めのカラーレンズを装着した物が流行し、様々なブランドからリリースされていました。

丸型のレンズは知的な印象を与えてくれますが、ラウンドとは違い少し優しい印象になるので、ファッションを選ばず着用できます。

縦に長さがあるデザインなので面長タイプの方にはとてもマッチします。

ティアドロップ

引用元:Ray-Ban

ティアドロップとは「涙の滴」という意味があります。このサングラスのデザインが似ている為、そのような名前で呼ばれています。

元々はアメリカ空軍で正式採用されているパイロット用のサングラスであり、パイロットマスクを着用した状態でも着用できるようにあの独特な楕円形のレンズが生まれました。

映画「トップ・ガン」でトム・クルーズが着用しているサングラスと言えばイメージしやすいのではないでしょうか?

実際に映画がきっかけでフライトジャケットと共に世界中で人気のファッションアイテムとなりました。

元々はファッション用に作られた物ではありませんが、シンプルで硬派な印象を与えてくれるレトロなデザインは多くのファンを獲得し現在もサングラスの定番となっています。

バタフライ

引用元:楽天市場

蝶の羽根のように大きく広がったフレームが顔を覆い輪郭を隠してくれる為、小顔効果が非常に高く、多くの海外セレブやミュージシャンが愛用し人気に火がつきました。

海外セレブやミュージシャンの着用が多い事からゴージャスなイメージな物が多くハイブランドの物が多い事も特徴です。

又、サングラス本来の紫外線から目を守る機能としても優れています。大きなレンズが面目全体を覆っている為、紫外線から目を守ってくれる効果が非常に高いサングラスとなっています。

 

おすすめサングラスブランド

 

Ray-Ban

引用元:Ray-Ban

サングラスブランドとして先ず最初に名前が上がるブランドがこのRay-Banです。

アメリカで成功する事を夢見てドイツから移住してきた二人の青年によって生まれたレイバンはアメリカ空軍のパイロット用サングラスとして正式採用された事をきっかけに全世界で最も知名度の高いサングラスブランドの地位を築き上げました。

元々アメリカ空軍向けに開発された物なので機能面は申し分なく、実用的かつファッショナブルなサングラスブランドとして現在でも高い指示を受けています。

OLIVER PEOPLES

引用元:OLIVER PEOPLES

OLIVER PEOPLESのサングラスは雰囲気のあるクラシカルなデザインのものが多く、「スタイリッシュビンテージ」と呼ばれるスタイルを確立し、その精巧で芸術的なフレームはラグジュアリーなアイウェアとして世界中のセレブから圧倒的な支持を受けています。

1986年にロサンゼルスで誕生したOLIVER PEOPLESですが、当初はメガネショップをオープンしようとしている中で偶然ヴィンテージフレームに出会い、この方向性が決まったそうです。

ヴィンテージを軸としながら世界中の有名ブランドともコラボレーションを行い世界中を魅了するブランドとなりました。

 

TOM FORD

引用元:TOM FORD

90年代初頭に衰退していたグッチを立て直した超一流デザイナーであるトム・フォード。その後にイヴ・サンローランのクリエイティブディレクターも経験し、自身の名を冠したブランド「TOM FORD」を2005年に設立しました。

2005年の年末にはアイウェアコレクションを発表して以来、瞬く間に大人気となり、ラグジュアリーアイウェアブランドとしての地位を確立しました。

TOM FORDのアイウェアはイタリアのMarcolin社でハンドメイドで製作されており、丁寧な物作りと洗練された高級感あるデザインで海外セレブやハリウッドスターなど世界中のファッション・ピープル達に絶大な支持を得ています。

 

THOM BROWNE

引用元:THOM BROWNE

トム・ブラウンはGiorgio Armani のショールームを皮切りに、Club Monaco のクリエイティブ部門で勤務した後、自身の名を冠したブランド「THOM BROWNE」を立ち上げました。

カジュアルな服装が主流を占める中、1950年〜60年代のニューヨーク金融街のビジネスマンのファッションスタイルにインスピレーションを受け、伝統的なウールやフランネル使用し、アメリカントラディショナルをベースとしながらクロップド丈等を取り入れた遊び心のあるスーツスタイルを確立しました。

2011年秋冬にアイウェアラインを発表して以来は通常のウェアラインと連動したコレクションを発表しています。

ウェアラインと同様にトラディショナルに少し遊び心を加えたデザインは多くのファッショニスタから注目を集めています。

MOSCOT

引用元:MOSCOT

1915年にニューヨークの眼鏡店としてMOSCOTは設立されました。

多くの歴史人や著名人が愛したこの眼鏡店は4代に渡り100年の歴史があり、老舗眼鏡店として今なお愛され続けています。

過去の名作を現代のファッションに合わせてアップデートし発表するなど老舗にしかできない手法で作品を作り続けています。

 

EFFECTOR

引用元:EFFECTOR

2005年に東京 青山の眼鏡ショップ「クレイドル」のオリジナルブランドとして登場しました。

“Rock On The Eyewear.”をコンセプトとし、骨太なフレームワークが最大の特徴となっています。日本のブランドというだけあって日本人やアジア人の顔立ちに馴染むディテールとなっています。

コンセプトに「Rock」と入っているだけあってブランド名のEFFECTORは音楽で使用される機材から由来されています。

さらにサングラスのモデル名は「Fuzz」や「Distortion」、「Flanger」といったギターなどに使われるエフェクターの名称になっている為、音楽好きはついつい反応してしまいます。

白山眼鏡店

引用元:白山眼鏡店

白山眼鏡店(はくさんがんきょうてん)は1946年に東京 上野に誕生しました。

1975年よりオリジナルフレームの製作を始め「デザインしすぎないこと」をコンセプトにメイドインジャパンに拘ったもの作りを行っています。

もちろん日本のブランドですが、ジョン・レノンやエルトン・ジョンといった海外の有名人から愛用されている世界に名の通った歴史あるブランドです。

サングラス選びの注意点

①眉毛がフレームからはみ出ない

こちらの写真を見比べてください。

左の写真に比べて右の写真の方の方がキリッとして見えませんか?

サングラスを着用する上でフレームから「眉毛が出ている」と、「眉毛が出ていない」では与える印象が大きく変わってしまいます。

上のフレームで眉毛が完全に隠れるか眉毛が被る者を選びましょう。

眉毛がはみ出てしまうと間抜けな印象になってしまいます。

日本人は特に目と眉毛の間が広いので注意が必要です。

②サングラスの横幅

オーバル型やバタフライ型のデザインとして大きいものは例外ですが、サングラス全体の横幅は顔の幅と同じが理想的です。

はみ出てしまうとコーディネートの中で浮いてしまい、逆に小さ過ぎると顔が大きく見えてしまいます。

③サングラスの形

人それぞれ顔の形は違うものです。

顔の形に合わせて似合うサングラスがあるので、自分の顔のタイプに合わせてより似合う物を探してみてください。

・面長タイプの方

 顔に縦の長さがあるのでサングラスも大きめで縦の長さがある物を選んであげるとバランスが良くなります。

・逆三角タイプの方

 いわゆる小顔の方が多いと思われるので、小さめの物を選ぶと馴染みが良くなります。

・四角顔タイプの方

 四角顔タイプの方は丸みのあるフレームのサングラスを選びましょう。

    角ばったフレームのものは四角顔をより強調してしまいます。

・丸顔タイプの方

 丸顔タイプの方は四角顔タイプの方とは逆に角ばったスクエアタイプの物選ぶとメリハリがつきバランスが取れます。

 

この記事を書いたライター

NJ(エヌ・ジェー)

初めまして!NJ(エヌ・ジェー)と申します!

 

仕事もそこそこにファッションと映画と筋トレを中心な生活を送っています。

このジャンルで副業→本業に育てていきたいと思っています!

ファッション好きでいろんなジャンルのブランドを来てきましたが、直近では「Rick Owens」、「COMME DES GARCONS」、「UNIQLO」がお気に入り。

映画や海外ドラマに関しては映画館や家問わずに年間100本程観ています。

最近は幼少の頃(おそらく6際頃)から追いかけてきたSTAR WARSシリーズのスピンオフドラマ「The Mandalorian」に熱狂しています。

筋トレは4年程前のダイエットがきっかけでハマってしまい、筋トレができない日が3日以上続くとイライラしてくる程になってしまいました。

この記事に関連するラベル

ページトップへ