【初心者向け】メンズスニーカー定番モデルを中心におすすめをご紹介!

記事更新日: 2020/08/14

ライター: NJ(エヌ・ジェー)

キャンバス地のスニーカーのようなシューズが登場したのは1893年。

かつてはスニーカーは運動用のシューズという位置付けでしたが、現在ではファッションに欠かせないアイテムとなりました。

現在は「エアマックス狩り」の起こった90年代中頃に継ぐ勢いのスニーカーブームが起こっています。

当時は異常な人気を誇った「エアマックス95」を巡って盗難や強奪といった事件が発生し社会現象となりました。

そこまで過激な事件は起こりませんが、大きな盛り上がりをみせているスニーカー界!

今回はおさえておきたい定番を中心におすすめスニーカーの紹介をしていきます!

 

近年のスニーカートレンド

スニーカーに限らずファッショントレンドの移り変わりはとても早くなっています。

ここ数年の流れはノームコアファッションが流行した2015年頃にフライニット素材のスニーカーが注目を集め、そのままハイテク系スニーカーブームへ以降してきました。

ハイテク系スニーカーが定着してきたところで、ハリウッドスター等がこぞって着用しだしたのが、ダッドスニーカーです。

このダッドスニーカーが流行しだすとハイテク系スニーカーブームに拍車がかかり、90年代に流行していたモデルが再販されたり、ファッションブランドとのコラボで発売されるなどかつてのスニーカーブームを彷彿させる盛り上がりをみせています。

ハイテク系スニーカーがトレンドの中心となっていますが、どんなコーディネートでも合わせ易いシンプルなスニーカーの需要も非常に高くなっています。

少し前ならレザーシューズを合わせていたコーディネートに現在ではシンプルな定番スニーカーがチョイスされる事が多くなっています。

又、ビジネスシーンでもスニーカーを取り入れる事も珍しくなくなってきている為、現在のスニーカーブームが一過性でない事が伺えます。

NIKE

引用元:NIKE.COM

アメリカの総合スポーツメーカーですが特にスニーカーが人気であり、カジュアルスニーカーを代表するブランドとなっています。

1972年の「コルテッツ」から始まったNIKEですが、70年代後半には衝撃を吸収する為のエアバッグをソールに搭載し「AIR」の名が着いたモデルを次々に発表しました。

数々の人気モデルをリリースしていますが「AIR MAX」シリーズやバスケットボールの神様ことマイケル・ジョーダンとコラボレーションした「AIR JORDAN」シリーズは特に人気があります。他ブランドとコラボレーションしたモデルや限定カラー等は発売日に争奪戦となります。

NJ(エヌ・ジェー)

プレミア価格が付くスニーカーを連発しているNIKE!

続いてコーディネートとモデルを紹介!

AIR MAX95

引用元:WEAR

90年代のスニーカブームで最も人気のあったモデルがこの「AIR MAX95」です。

これまでのAIR MAXシリーズとは全く異なったデザインとなっており、NIKEの象徴であるスウッシュロゴもかなり控え目です。

開発当初はNIKE社としても市場からどのような反応が出るかは全く予想ができなかったと言われていましたが、その斬新なデザインは見事に人気となりNIKEを代表するモデルとなりました。

またダッドスニーカーとしても評価も高く近年も人気となっています。

グレー×イエロー

購入はこちら(FARFETCH)

レッド×バーガンディー

購入はこちら(FARFETCH)

Comme Des Garcons Homme Plus x Nike

日本が世界に誇るモード系ブランドComme Des Garconとのコラボモデル。

ブランドの代名詞である黒を基調としたデザイン。

購入はこちら(FARFETCH)

AIR JORDAN6

引用元:WEAR

AIR JORDANシリーズの中でも人気のある「AIR JORDAN6」

1991年のNBAオールスターでマイケル・ジョーダンが着用しブラック×レッドのカラーリングで通称「INFRARED」

程よいハイテク感とレトロ感を併せ持ったデザインであり、ボリュームもある為合わせやすいデザインも人気の理由の一つです。

ブラック×レッド

購入はこちら(FARFETCH)

 

ブラック×ゴールド

Air Jordan 6 Retro SE “Defining Moments Pack”通称DMP

2006年に発売されましたが、2020年4月に再販がされたモデル。現在でも高額で取引されている程の人気のモデルです。

引用元:SNKR DUNK

 

AIR FORCE 1

引用元:WEAR

NIKEの超定番であり超名作であるモデルが「AIR FORCE 1」です。

エアクッションが搭載された初のバスケットボールシューズとして登場しましたが、その完成されたデザインはストリートファッションで非常に人気となりました。

飽きのこないシンプルなデザインでどんなコーディネートにも合うので非常に使い勝手の良い名作となっています。

 

ホワイト×ホワイト

購入はこちら(Amazon)

 

ブラック×ブラック

購入はこちら(Amazon)

 

adidas

引用元:adidas

1948年ドイツで設立されたadidas

おなじみの月桂樹ロゴや3本のストライプが印象的です。1952年のヘルシンキオリンピックで人気となり世界中に知れ渡る事となりました。

一度は低迷期を迎えてしまいますが、90年代中頃からはスポーツブランドの位置づけだけでなくファッションブランドとしての地位を確立していき復活を遂げます。

また、2000年代からは日本のブランドYohji Yamamotoを始めとした多くのファッションブランドとのコラボレーションを積極的に行いスポーツブランドの域を超えたブランドとなりました。

 

STAN SMITH

引用元:WEAR

Adidasのスニーカーで最も欠かせない存在がこの「STAN SMITH」です。

1971年に登場したこのモデルですが、名テニスプレーヤーであるスタンレー・ロジャー・スミスがモデル名の由来となっています。

無駄のない非常にシンプルなデザインと光沢のあるガラスレザーを使用した高級感ももちわせたこのモデルは発売年の1971年から1991年の20年間で2200万足の販売数を記録し「世界で一番売れたスニーカー」としてギネスブックにも認定され、超定番モデルとなりました。

NJ(エヌ・ジェー)

世界で一番売れたスニーカーとなったスタンスミス!

とてもシンプルで合わせやすいという事が多くの人を魅了し現在でも超定番として愛されています。

 

ホワイト×グリーン

購入はこちら(Amazon)

ホワイト×ネイビー

購入はこちら(Amazon)

 

SUPER STAR

引用元:WEAR

STAN SMITHと並んでAdidasを代表するモデルが「SUPER STAR」です。

もともとはバスケットボールシューズであり、それまではキャンバス素材のスニーカーが主流の中、初のレザー素材のバスケットボールシューズとして人気を獲得しました。

1980年代にはヒップホップグループ RUN-DMCがひも無しで着用した事からストリートファッションで大人気となりファッションアイテムとしての地位を確立しました。

ホワイト×ブラック

購入はこちら(Amazon)

SUPER STAR LACELESS

1980年代にRUN-DMCが流行らせたひも無しスタイル。

もちろんひもがない状態でも脱げないような仕様になっています。

購入はこちら(Amazon)

SS SLIP-ON

スーパースターのスリッポン仕様のモデル。

オリジナルはレトロなデザインですが、こちらは少しモードな印象も与えてくれます。

購入はこちら(Amazon)

YEEZY BOOST

引用元:WEAR

2015年に登場したadidas originalsとアメリカのHIP HOPアーティストKANYE WESTとのコラボレーションシリーズです。

ブーストソールというミッドソールを搭載しており基本的にはランニングシューズがベースとなっている為、履き心地も抜群です。

KANYE WESTはアーティストとしてだけではなく、ファッションアイコンとしても常に注目されていた為、ストリートファッションで非常に人気となり近年のスニーカーブームの先駆け的モデルとなりました。

2015年から現在までに350、750、700、500と様々なモデルが発表されましたが、どれも発売日に即完となり入手困難が続いています。

New Balance

引用元:New Balance

履いた人に新しいバランス感覚をもたらすという意味が由来のNEW BLANCEは元々は扁平足等を治す為の矯正靴メーカーとしてアメリカ ボストンで誕生しました。

矯正靴のノウハウを活かして履き心地抜群のシューズを現在も作り続けていますが、機能面だけでなく、スニーカーなのにどこか上品なデザインが人気で少し大人なファッション好きから愛され続けています。

 

574

引用元:WEAR

New Balanceの中でも定番中の定番が「574」です。

価格も1万円程でセール期間等では5000円代で購入する事も可能なので非常にお勧めです。

もともとトレイルランニング(砂利道や登山道等の舗装されていない道を走る事)用として開発されているので、クッション性やグリップ力も高く機能面でも評価の高いモデルとなっています。

少しポテッとしたレトロなデザインはどこかかわいらしくカジュアルコーディネートには欠かせないモデルです。

レッド×ベージュ

購入はこちら(Amazon)

 

996

引用元:WEAR

「996」は574と対照的にこちらは舗装された道いわゆるオンロード用のランニングシューズがベースとなっています。

少し細身のディテールとなっている為、このコーディネートのようなクロップド丈のパンツと相性がよくスッキリした印象になります。

カラーバリエーションも豊富で合わせやすい万能モデルです。

ワインレッド

購入はこちら(Amazon)

ダークグリーン

購入はこちら(Amazon)

 

CONVERSE

引用元:CONVERSE

1908年に創業し100年以上の歴史を持つコンバース。

森林や湿地帯の多いマサチューセッツ州で誕生したこのブランドはその地域性を活かしてラバーシューズを専門で作っていました。

冬場にしか売れないラバーシューズメーカーでしたが、何とかして通年で売れるものはないかと模索した結果、コンバースを代表する名作「オールスター」が誕生し究極の定番シューズとして世界中で愛されています。

ALL STAR

引用元:FASHION PRESS

この「ALL STAR」を見た事のない人はいないのではないでしょうか?

超定番の世界的ロングセラーであるこのモデルは価格も非常に安く、ファッションに興味を持ち始めたばかりの人にも手が出しやすい永久定番モデルです。

もともとはバスケットボール用に開発され世界中に広まりましたが、その歴史を知らない世代もファッションアイテムとして認知しています。無駄のないデザインはボトムスを選ばず、男女問わず幅広い層から愛されています。

NJ(エヌ・ジェー)

カラーバリエーションも豊富なので何足も持っている人やオールスター以外履かないなんて人もいたりする程ファンが多いモデルです。

また、歴史が古い事からヴィンテージも人気があり古着業界からも注目を集めています。

ブラック -ハイカット-

超定番で誰もが思い浮かべるコンバース「ALL STAR」!

購入はこちら(Amazon)

レッド -ローカット-

購入はこちら(Amazon)

オールブラック -ハイカット-

オールブラックのハイカットはもーどな雰囲気も出ていて、ミニマルなブーツな印象を与えてくれます。

購入はこちら(Amazon)

 

JACK PURCELL

引用元:FASHION PRESS

コンバースを代表するモデルとしてこちらも人気の「JACK PURCELL」

1935年に誕生したこのモデルはスポルティング社という会社でバドミントンシューズとして発売されました。

そこからB.F.グッドリッチ社に移り、1972年にコンバース社が買収しオールスターに並ぶ定番モデルとして現在に至ります。

シンプルなデザインですが、つま先にある通称”スマイル”がアクセントとなっており、グランジを代表するロックバンド ニルヴァーナのカート・コバーンや俳優ジェームス・ディーンといった当時のファッションアイコンを魅了しました。

ブラック×ホワイト

購入はこちら(Amazon)

ホワイト×ホワイト

購入はこちら(Amazon)

オールブラック

購入はこちら(Amazon)

Reebok

引用元:Reebok

リーボックはイギリス発祥のスポーツブランドです。

リーボックといえばハイテクスニーカーが有名でイメージの強い人もいると思います。1989年にPUMP SYSTEMを発表して以降、HEXALITE、INSTA PUMP SYSTEMといった独自技術を1990年代に次々と発表していきハイテクスニーカーを次々と発表しました。

INSTAPUMP FURY

引用元:WEAR

これぞまさにハイテク!といった画期的な機能が搭載されたモデルがこの「INSTAPUMP FURY」です。

Reebok独自のポンプテクノロジーという機能が搭載されており、アッパー部分のポンプに空気が注入され足にフィットし紐がなくても足をしっかりとホールドしてくれます。

シンプルな配色の物からド派手な物までカラーバリエーションが非常に豊富なので自分にあったカラーを探してみてください!

ホワイト×ホワイト

購入はこちら(Amazon)

ワインレッド

購入はこちら(Amazon)

INSTAPUMP FURY BOOST

adidasの近年主流のミッドソール"BOOSTソール"を採用したコラボモデル。

購入はこちら(Amazon)

ALIEN STOMPER

引用元:WEAR

数あるハイテクスニーカーの中でも特にハイテク感が強いモデルが「ALIEN STOMPER」なのではないでしょうか?

このエイリアン・スタンパー1986年に公開された「エイリアン2」で実際にSFの世界に登場したモデルです。

残念ながら現行モデルは「Classic Leather Stomper」というローカットのモデルのみですが、こちらもエイリアンの世界観は存分に味わえるデザインとなっています。

ミドルカットは海外サイト等で購入可能です。

NJ(エヌ・ジェー)

映画の世界で登場するモデルですが、派手すぎる事もなく意外と合わせやすい事が特徴です!

さらに現行のローカットモデルは綺麗めなコーディネートに合わせても良い程スッキリとした印象です。

レッド×グレー×ホワイト

映画「エイリアン」公開40周年を記念して発売されたモデル。

エイリアン2の公開年1986年にかけて世界限定1986足で発売されました。

購入はこちら(BUYMA)

Classic Leather Stomper

購入はこちら(Amazon)

まとめ

ハイテクスニーカーがトレンドで人気を集めていますが、ファッション初心者はまずは定番モデルを入手するのが良いと思います。

定番モデルをおさえた上で、今回紹介したような個性的なトレンドのモデルを揃えていくとよりコーディネートの幅を広げていけるのではないでしょうか?

NJ(エヌ・ジェー)

定番と呼ばれるモデルは"シンプルで合わせ易い"といった条件が揃っているので持っていて損はないと思います!

 

NJ的抑えたい定番モデル

1. adidas  「STAN SMITH」

無駄のないデザインで究極のシンプル!

ミニマルなデザインは綺麗めなコーディネートからカジュアルコーディネートまで守備範囲の広い万能モデルです。

2.NIKE 「AIR FORCE 1」

程よいボリューム感がコーディネートのアクセントに!

このモデルの良い特徴はそのボリューム感です。

デザイン自体はレトロですが、ボリュームはハイテクシューズ並のボリュームなので、足下のアクセントにピッタリです!

3.CONVERSE 「ALL STAR」

とにかくコスパが良い!

定価は7,000円程ですが、実際の相場は4,000円〜5,000円程だと思います。

色違いで揃えるのもお勧めです!

 

この記事を書いたライター

NJ(エヌ・ジェー)

初めまして!NJ(エヌ・ジェー)と申します!

 

仕事もそこそこにファッションと映画と筋トレを中心な生活を送っています。

このジャンルで副業→本業に育てていきたいと思っています!

ファッション好きでいろんなジャンルのブランドを来てきましたが、直近では「Rick Owens」、「COMME DES GARCONS」、「UNIQLO」がお気に入り。

映画や海外ドラマに関しては映画館や家問わずに年間100本程観ています。

最近は幼少の頃(おそらく6際頃)から追いかけてきたSTAR WARSシリーズのスピンオフドラマ「The Mandalorian」に熱狂しています。

筋トレは4年程前のダイエットがきっかけでハマってしまい、筋トレができない日が3日以上続くとイライラしてくる程になってしまいました。

この記事に関連するラベル

ページトップへ