女性が好きな男性の筋肉の部位は!?モテるために鍛えるべき部位4選!

記事更新日: 2020/08/27

ライター: ノビー

 

モテるために筋トレしたいけど、どこから鍛えたらいいかよくわからないなー

 

わかる。忙しいし鍛える部位は最小限にしたいんだよなー

ノビー

こんな風に考えている男性は多いのではないでしょうか?

筋肉質な男性に魅力を感じる女性が多いことは周知の事実だと思います。

しかし、"具体的にどの部位の筋肉に女性はグッとくるのか"わかっていない人も多いと思います。

これがわかっていないと筋トレのモチベーションも上がりませんし、つけてもあまり効果がない(モテにつながらない)筋肉ばかり鍛えて時間を無駄にしてしまう可能性があります。

ノビー

そんなメンズ達のために、代表的な女性が好きな男性の筋肉を4つご紹介いたしましょう。

また、各筋肉のポピュラーなトレーニング方法も合わせてご紹介していきます!

この記事でお伝えしたいこと

・女性が好きな筋肉は上半身に集中しているので、上半身を中心にトレーニングしよう。

・女性が好きな代表的な筋肉は、「腕筋」「腹筋」「胸筋」「背筋」の4つである。

結論:上半身を鍛えるが吉

ものすごくざっくりした結論を言ってしまいましたが、これは事実です。

ノビー

女性が好きな男性の筋肉は、上半身に集中しています。

理由は単純で、上半身の筋肉の方が目に触れる機会が多いからです。

下半身の筋肉は、短パンを履いていたとしても鍛えにくいふくらはぎの筋肉しか露出しないので、女性がそこにグッと来ることはあまりないようです。

ノビー

では、具体的に上半身のどこの筋肉が女子に人気なのかを紹介していきましょう!

1.腕の筋肉(上腕二頭筋、三頭筋)

女性が好きな筋肉としてまず口にするのは腕の筋肉です。

ノビー

一番露出する機会が多い筋肉ですからね。一番目に付く分魅力を感じる機会も多いのでしょう。

マッチョ好き子

重いものを持った時などのモリっとした力こぶに「キュンッ♡」としちゃいます。

ここで知っておきたいのは、腕の筋肉は上腕二頭筋と上腕三頭筋という2種類の筋肉から成り立っているということです。

上腕二頭筋がいわゆる力こぶになる筋肉で、上腕三頭筋はその反対側についている、二の腕と呼ばれる筋肉です。

太くたくましい腕というのはこの2つがしっかり鍛え上げられていてこそ成り立つものですが、ご察しの通り上腕二頭筋の方が目立ちやすいです。

なので、優先順位を付けるのであれば、上腕二頭筋の方を優先して鍛えるのが良いでしょう。

 

腕筋のトレーニング方法

腕筋のトレーニングでポピュラーなのは、それぞれ以下のものになっています。

・上腕二頭筋→アームカール

・上腕三頭筋→ダンベル・トライセップスキックバック

☆アームカール

筋トレと言ったらこれを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

ダンベルやバーベルを持って挙上し、下げる運動で、上腕二頭筋に集中的に刺激を与えることができます。

 

☆ダンベル・トライセップスキックバック

上腕三頭筋のトレーニングと言ったらこれが一番お手軽でしょう。

肘を支点にして腕を曲げ伸ばしすることで上腕三頭筋にいい感じに刺激を与えることができます。

やり方としては、以下の図のようなイメージです。

 

2.腹筋

マッチョ好き子

割れた腹筋がたまらない!

ノビー

このように割れたバキバキの腹筋にメロメロになってしまう女子は多いです。

お腹というのは贅肉のつきやすい部分で、その人の生活感がモロに出やすい部分でもあります。

引き締まったバキバキの腹筋を携えていると、カッコいいという印象だけでなく自己節制ができるスマートな男性であるという印象も同時に与えることができます。

ノビー

そういった点で腹筋を鍛えることには大きなメリットがあることがわかりますね!

腹筋のトレーニング方法

腹筋のトレーニング方法は多種多様ではありますが、手軽にかつ効率的に鍛えたいのであれば

・レッグレイズ

・アブローラー

この2つのトレーニング方法がオススメなので是非実践してみてください!

トレーニングの手順については詳しく紹介した記事があるのでこちらを参考にしてみてください!

 

3.胸筋

マッチョ好き子

分厚い胸板にグッと来ちゃいます♡

ノビー

男らしさの象徴といえば、やはり分厚い胸板ですよね。

スーツなどのタイトな服を着た時にモリっと胸板のシルエットが露わになると、女性をドキッとさせることができます。

これに関しては女性の胸と全く同じものを感じますね(笑)

胸の筋肉にもいくつか種類はありますが、その大部分を占めているのが「大胸筋」です。

この大胸筋が鍛え抜かれていれば分厚い胸板は手に入れることができます。

 

胸筋のトレーニング方法

胸筋のトレーニングとして最も代表的かつポピュラーなのが「ベンチプレス」です。

やったことはないにしても、誰もが一度は目にしたことのあるトレーニングだと思います。

動き自体は非常に単純なので、自分に合った重量であれば初心者でも簡単にこなせるトレーニングになります。

 

4.背中の筋肉

意外かもしれませんが、背中の筋肉も女性から人気のある筋肉の一つになります。

背中が鍛え上げられている男性を後ろから見ると、なんだかすごく「デカく」感じます。

マッチョ好き子

後ろから見た時の「広い背中」にキュンとしてしまうことがあります。

ただ、背筋は他の3つの部位に比べて少々鍛えにくい部位です。

デカくしていくのは多少の知識やコツを身に着ける必要があるので、筋トレ中級者向けとも言えるでしょう。

ノビー

とは言っても、ここの筋肉がついていれば周りと大きく差をつけることができるので、筋肉モテを追求するのであれば背筋のトレーニングは欠かせないでしょう。

 

背筋のトレーニング方法

背中のトレーニングにも様々な種類がありますが、初心者でも取り組みやすく鍛えやすい方法は以下の2つになります。

・チンニング(懸垂)

・ラットプルダウン

☆チンニング(懸垂)

懸垂にはいくつかの種類があり、鍛えられる筋肉の部位は種類によって異なります。

チンニングは主に広背筋を鍛えるための懸垂です。

写真のように、肩幅より拳2つ分くらい広いスタンスをとって懸垂を行います。

この時意識したいのは、腕や肩の力を極力使わずに身体を上げること。

ノビー

しっかりと背中の筋肉を意識して使わないと背中にいい刺激が入りません。

 

☆ラットプルダウン

ラットプルダウンは器具を使った背中のトレーニングになります。

懸垂では自分の身体を上げて筋肉に刺激を与える形になりますが、ラットプルダウンは重りを引き寄せることで筋肉に刺激を与えます。

ノビー

バーを顔の前に持ってくるやり方と顔の後ろに持ってくるやり方がありますが、自分のやりやすい方(背中の筋肉に意識を集中させやすい方)でやると良いでしょう。

 

チンニングとラットプルダウン、両者の運動の性質はほとんど同じです。

ただ、チンニングに関しては筋力が弱い人は1回もできないというパターンがよくあります。

ラットプルダウンは器具を使うので重さの調節で筋力が弱い人でも行うことができます。

ノビー

ある程度筋力がないとできないチンニングですが、比較的場所を選ばないトレーニング(公園の高鉄棒でできたりする)なので、そう言った点がメリットとなっています。

まとめ

以上が、女性の好きな筋肉の部位となります。

筋肉は見た目のカッコよさを引き上げるだけでなく、自信も身につくので女性と接する時にも余裕が生まれ、さらにモテやすくなります。

ノビー

この記事を参考にして素敵な身体を作り上げ、モテライフを謳歌していただけたら幸いでございます。

この記事に関連するラベル

ページトップへ