モテる男の必須アイテム!初心者でも解る腕時計の選び方!

記事更新日: 2020/09/30

ライター: 圭司

圭司

アナタは腕時計に興味がありますか?

 

恐らく男性でしたら一度くらいは腕時計に興味を持った事があるのでは無いでしょうか?特にお洒落な腕時計やカッコ良い腕時計を見かけると、目を奪われますよね。

腕時計は特にお洒落な男性やモテる男性、仕事の出来る男性にとっては欠かせないアイテムとなっています。

 

圭司

特にお洒落な方がカッコ良い腕時計をしていると、仕事も出来る人なんだろうな〜って思ってしまいますね。

 

今回は、「腕時計」について記事を作成しています。腕時計に興味が有るけど詳しくない、解らないという方の為に、出来る限り解りやすく腕時計について説明をしているので、少しでも参考になれば良いなと思います。

 

この記事の対象者
  • 腕時計について興味が有るが、よく解らない方。

  • アナタに合う腕時計の見つけ方。

 

この記事を書いた人
圭司(FULLVALUE所属)

元俳優(役者)兼 クロマトーン奏者。 ドラッグストア店長→ガス会社→施工管理者を経験後、個人事業主の道へ。現在はwriter兼バイヤーとして活動中。経歴の通り、普通の人とは違う人生を歩んでいます笑。無類のペンギン好き。 押しペンギンはアデリーペンギン。

 

圭司

改めまして、こんにちは。FULLVALUEリーダー兼、恋愛担当の圭司です。

 

今回は趣向を変えて、腕時計について記事を作成しました。腕時計の説明もなるべく解りやすくを心掛けているので、難しい名前や仕組み等は出来るだけカットしています。

では早速行ってみましょう!!

 

腕時計の種類

圭司

大まかにいって腕時計の種類は2種類しかありません。

 

それはと言うと

「クオーツ式時計」「機械式時計」です。

 

圭司

これらは超簡単に説明すると、電池で動く腕時計(クオーツ式)なのか、ゼンマイで動く時計(機械式時計)なのかという事です。

 

少し補足をすると

☝️クオーツ式時計とは?

クオーツ時計のクオーツとは「水晶」を指しています。恐らくパワーストーンにも「水晶」が有るのでご存知の方も多いのでは無いでしょうか? 水晶は電圧をかけると振動する特性を持っているので、その振動を用いた時計の事をクオーツ時計といいます。

なお、動力源は電池が必要となるので、電池の残量が無くなったら交換が必要となります。

圭司

電池で動いている時計でしたら、クオーツ時計という事です。

 

☝️機械式時計とは?

機械式時計には「自動巻き式(オートマチック)」と呼ばれる物と、「手巻き式」が有ります。

自動巻式は基本的に身に付けてさえいれば、止まる事が無い仕組みになっていますが、手巻き式の場合だとゼンマイ巻かないと止まってしまいます。(しかも毎日決まった時間に巻かないと精度が安定しなくなってしまう為、ズレてしまいます。)

圭司

自動巻き式は腕を振る事によって、自動的にゼンマイが巻かれる仕組みとなっている為、毎日身に付けてさえいれば止まる事は有りません。

 

他にも、クオーツ式と機械式の違いとしては、時間の刻み方が違います。

圭司

クオーツ式時計の場合は「1秒毎にカチッカチッ」と動きますが、機械式時計の場合は「ス〜」と切れる事なく動くのが違いです。

 

メリットとデメリット

 

圭司

ではここで、クオーツ式と機械式のメリットとデメリットについて説明をします。

 

圭司

まずはクオーツ式です。

☝️クオーツ式時計のメリット

・手間がかからない。機械式と比べると、全く手がかかりません。強いていえば、電池が切れた時に交換するくらいです。もちろん機械式と同じ様にオーバーホールをする事も必要ですが、構造が機械式と比べ複雑では無い分、費用も安価ですし、機械式よりもオーバーホールの頻度は少なくなります。

・正確性。機械式と比べ、クオーツ式の方が遥かに正確性に優れています。時計にもよりますが、誤差はひと月で15秒〜30秒くらいといわれています。

・お手軽な値段から有る。クオーツ式腕時計は、安ければ1000円前後の物から有りますので、こだわりがなければゲットしやすい物です。安価な分、大量生産で作られている物が多いですが、品質的には特に悪い物というのは少ないので、それなりの精度を保っています。

 

☝️クオーツ式のデメリット

・資産価値が少ない。 大量生産が可能な分、機械式と比べると資産価値が有るクオーツ式の時計は少ないです。

・高級有名時計のブランドに扱いが無い。 高級有名時計ブランドではクオーツ式を製造していない所が有ります。そのせいも有り、どうしても機械式時計の方が格上に思ってしまいがちです。

・修理がしにくい。クオーツ式は安価な物も有る為、修理がしにくかったり、場合によっては出来ない物も有ります。

 

 

圭司

続いて機械式です。

☝️機械式時計のメリット

・電池交換が無いのでゼンマイさえ巻いておけば一生使用可能。ゼンマイを定期的に巻いたり(手巻き式)、毎日時計を身に付けてさえいれば常に動いてますし(自動巻き式)、電池切れの心配は有りません。

・職人さんが作っている為、愛着を持ちやすい。機械式時計は手間がかかっている事もあり高価な分、愛着を持ちやすいです。

・資産価値が高い。高級ブランドの時計だと、本数が少ない為、資産価値が高い物が多いです。場合によっては定価以上の価値になる事も多々有ります。

 

☝️機械式のデメリット

・時計を使用しないで放置すると止まってしまう。 時計を身につけないで、放置すると止まってしまいます。基本的に毎日決まった時間にゼンマイを巻くか(手巻き式)毎日時計を身に付けなければいけません。(自動巻き式)

・1日に数秒の誤差が出る。機械式の場合は一日に数秒の誤差が出ます。数秒の誤差を気にする方はそんなにいないと思いますが、誤差を気にされる方でしたらクオーツ時計のをオススメします。

・クオーツ式に比べるとかなりの手間がかかる。2〜3年に一度のオーバーホールや、部品交換が必要となります。

 

圭司

クオーツ式と機械式の見た目は正直そんなに変わりません。ですが中身や性能がまるで違う事が解ったのではないでしょうか?。

 

 

まとめてみるとこの様な感じになりました。

 

圭司

どちらが良いかという表ではありませんが、参考にはなると思います。最終的には好みになりますね。

 

 

結局、どちらが良いのでしょうか?

 

 

クオーツ式をオススメする方。

 

☝️クオーツ式時計

・めんどくさがり屋の方。 購入したら、少なくとも2〜3年位は特にする事が有りません。機械式に比べると手間入らずです。但し、修理がきかない(出来ない)場合も有ります。

・正確性を求める人。機械式と比べ、クオーツ式の方が誤差が少ないので、常に時間を気にしている方でしたらこちらがオススメです。

・時計初心者。安価な物から高級なものまで幅広く有るので、初心者にはオススメです。まずはこちらを購入して、どんなものなのかを確認してみては

 

圭司

私の勝手なイメージも有りますが、初めての時計選びでしたらクオーツ式の方が手間が少ないので、初めての方には使いやすいと思います。

 

機械式をオススメする方

 

☝️機械式時計

・時計にかかる手間が楽しいと捉えられる人。機械式はクオーツ式に比べると手間が多くかかります。ですがその手間が楽しいと感じたり醍醐味だと感じられる人にはオススメです。

・なるべく買い替えをしたくない方。オーバーホール等のメンテナンスさえしっかりやれば数十年は持つと言われています。値段は確かに高い物が多いですが、数十年使用出来ると考えればそうでもないかも知れないですね。それに使い込んでいると傷一つにしたって愛着が湧きますよ。

・資産として。高級ブランドの時計は市場の価値も高い物が多いですので、資産として持っている方も多いです。でもこの様な時計は大量生産されている訳でなく職人さんが精魂込めて作っているので、値段以上に価値がある物だと思います。

 

圭司

クオーツ式と比べると値段も高めだったり手間がかかったりする分、初心者にとっては大変ですし面倒くさいと感じてしまうかも知れません。ですがそこに時計の面白さだったり、人それぞれの楽しみ方が有るのだと思います。

 

 

両方使ってみた感想

 

私自身クオーツ式の腕時計と、機械式の腕時計をどちらも試してみましたが、どちらもそれぞれの良さを感じました。

クオーツ式は手間が本当にかからないですし、電池交換も数年に一度ですので使いやすいで。もしこれから腕時計を購入なさる方はクオーツ式が宜しいと思います。

逆に機械式の方は、毎日身に付けていれば良いのですが、連休が重なったりして外に出ない日が続くと止まってしまう事はよく有りました笑。ですが、手間がかかるから面白いですし、大事にしようと思う様になりました。ある意味、子供の様な存在です笑

 

圭司

一つだけ言えるのは、クオーツ式と機械式のどちらにも良さが有るという事です。

 

 

最後に

最後まで読んでいただき有り難うございました。

FULLVALUEでは、「男性のモテ」についての記事を作成し、発信しています。

今回は「腕時計」について記事にしました。

 

何かご意見、ご感想等が有りましたら、ご連絡をいただけると嬉しいです。

これからもチーム全員で力を合わせて、良い情報を発信していきたいと思いますので、

何卒、宜しくお願い致します。

 

圭司

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

この記事を書いたライター

圭司

元俳優(役者) 黒スーツ&グラサン姿で逃げ回るを捕まえる人や、サスペンスドラマで少年院に入った人の役、とある声優さんのPVやドラマのエキストラ等に出演させて頂いてました。

現在はバイヤー兼writerをしています。

 

正しくて役に立つ、そんな情報を提供していきたいと思い、記事を作成しています。

宜しくお願い致します。

この記事に関連するラベル

ページトップへ