ダブルライダースのコーデを海外スナップから学ぶ!

記事更新日: 2020/10/24

ライター: NJ(エヌ・ジェー)

友人のTK

ダブルのライダースって格好良いけど、合わせるの難しくない?

NJ(エヌ・ジェー)

そんな事ないよ!

ダブルライダースは襟やらボタンやらジップでけっこう主張が強いのは確かだけど、ロックコーデには欠かせないよ〜!

友人のTK

別に音楽やってる訳じゃないし、ちょっとハードになりすぎじゃないかな?

NJ(エヌ・ジェー)

全然大丈夫! ポイントを抑えれば難しくないから全然大丈夫だよ!

 

レザージャケットの代表とも言える「ライダースジャケット」

中でもダブルライダースはシングルライダースに比べると、襟やジップ、ボタンが特徴的で、「ハード」「イカつい」とコーディネートが難しいと言われています。

今回はそんなダブルライダースの特徴や着こなしのポイントを紹介します。

この記事でわかる事

・ダブルライダースの特徴

・ダブルライダースの着こなしのポイント

ダブルライダースの特徴

ダブルライダースのダブルとは、いわゆるダブルブレストの事です。

ファスナーを斜めに走らせ前立てを重ねたものですごく簡単に言うと、「前が重なってる」といったディテールです。

合わせ目から風の侵入を防いでくれる作りと見た目のハードさからバイカーに人気が出ました。

 

シングルライダース についてはこちら⬇︎

 

USタイプとUKタイプ

ダブルライダースの中でも2つのタイプが存在します。

USとUKはもちろんアメリカとイギリスの事です。なぜ二つの国でタイプが違うというと、それぞれの国のバイクの特徴からそれにあったディテールになっているからです。

 

USタイプ

Amazon

アメリカは広大なハイウェイをハーレーのような大型のバイクで長時間走行するので、バイクに乗って運転する姿勢は起き気味です。

そのうようなドライビングスタイルから、跨った際にもたつかないように丈は短めで、ゆったりとした作りになっています。

また、アジャストベルトはフロント部にバックルがあります。

 

UKタイプ

ROAD GENERAL STORE

 

対するイギリスのバイクは前傾姿勢で運転する仕様になっている為、タイトで腰が露出しないように長めの丈になっています。

アジャストベルトにも違いがあります。前傾姿勢になってバイクに乗る為、タンクにバックルがぶつからない様にサイドについています。

又、ボールチェーンの付いたジップポケットが着いている事が多いのですが、これはイギリスのハイウェイ事情が影響しています。

イギリスのハイウェイは日本のようにこまめに料金所があるので、チケット等の出し入れを行うことがが多く、グローブをしたままでも開閉が行いやすいようにボールチェーンがついています。

友人のTK

タイプが二つあるだけでも結構驚いているけど、実は機能的なんだね!

NJ(エヌ・ジェー)

そもそもがバイカーの乗るジャケットだから防風性はかなり重視されているよね♪

ライダースが生まれた時代的に当然ハイテク素材なんかないから必然的にレザーが使われるようになったんだね。

ダブルライダースの着こなしポイント

NJ(エヌ・ジェー)

海外のストリートスナップは本当にお洒落なのでそこから着こなしのポイントを紹介!

ポイント①綺麗めブラックコーデ

Street Fashion Snap

定番のオールブラックコーデ!

ブーツだとハードになり過ぎかな?と思う人はこのコーディネートのように丸みのあるレザーシューズを合わせると良いかと思います。

パンツをロールアップして足首を見せる事で抜け感も出るので、ハードさだけでない軽やかな印象になります。

NJ(エヌ・ジェー)

カラーソックスを合わせてワンポイントで色を入れてあげるのもオススメです!

 

Pinterest

まさに"大人のライダースコーデ"と言って良い綺麗めコーディネートです。

クロップド丈のスラックスにタッセルローファーと品の良い大人コーディネートの代表的アイテム!

ライダースの"ハードさ"とスラックスの"キッチリ感"そこにくるぶしを見せて抜け感もできているので、ブラック中心でも重苦しく見えないコーディネートになっています。

 

ポイント②大道のモードロックコーデ

Pinterest

ダブルライダースジャケットコーデの大道と言っても良いモードロックコーデ!

"Saint Laurent""CELINE"のようなコーディネートです。

こちらのライダースジャケットはUSタイプの物なので、着丈は短めです。

短めの着丈にパンツをタックインする事でかなり脚が長く見えますが、スタイルが物を言う難易度の高いコーディネート!

腰回りがスッキリしすぎるのでストールを垂らして腰回りをボカしているところは流石です。

Pinterest

こちらはロック感溢れるライダース×ブーツに大判のストールをプラスしたコーディネート。

男臭いコーディネートを大判ストールが中和しています。中和と言ってもカジュアル要素でなくモード要素なので、より大人っぽいコーディネートに仕上がっています。

 

ポイント③白をチラ見せでオールブラックを軽やかに

Pinterest

オールブラックコーデ×ブーツと無骨でクールな印象の強いコーディネート。

オールブラックコーデが野暮ったく感じてしまう人はこのコーディネートのお手本に!

白Tをチラ見せする事によって適度なこなれ感が出るのでオススメです!

 

Pinterest

こちらはシャツとのレイヤードで白が露出する面積がより多くなっています。

先ほどの白Tチラ見せコーデより、白の面積が多いので同色を使用したコーディネートですが随分と印象が違いより軽やかにみえます。

 

ポイント④ライダース×パーカーでハードさを中和

Pinterest

ブラックダブルライダースで個人的におすすめのコーディネートはこのグレーパーカーコーデです!

ダブルライダースは非常にワイルドなアイテムですが、パーカーのカジュアルさが中和してくれるのでとてもバランスの良いコーディネートになります。

NJ(エヌ・ジェー)

このコーディネートで注意したいことはパーカーの選び方!

フードにボリュームのある物を選んであげると、存在感の強いライダースとバランスがよくなります!

 

ポイント⑤デニムだけどカジュアル過ぎないバランス

Pinterest

ここまでブラック系のパンツのコーディネートを中心に紹介してきましたが、インディゴのデニムとも相性は抜群です。

ポイントは"カジュアルになり過ぎない"事です。

こちらのコーディネートはカジュアルアイテムであるデニムを着用していますが、細身であり更にドレスライクなブーツを合わせているのでカジュアル過ぎないコーディネートとなっています。

 

Pinterest

カジュアル過ぎないウォッシュのかかったブラックデニムで全体的に引き締まったコーディネートとなっています。

マフラー、ソックス、スニーカーで先端部分に少しづつ色味が入っているのもお洒落ポイントです!

ポイント⑥テーラードジャケットとの置き換え

Pinterest

タートルネックニット、ブラックパンツ、レザーシューズ、ハットとドレスライクな印象の強いアイテムで纏められたコーディネートにダブルライダースを合わせたこちらのコーディネート。

ドレスライクとは=高級感のあるアイテムと考えて良いです。なのでシルエットは細身、質感は艶やかで高級感のあるダブルライダースジャケットは一見カジュアルアイテムに見えますが、ドレスライク な要素が強い為、テーラードジャケットを合わせるようなコーディネートと非常に相性が良いアイテムなのです。

 

Pinterest

先ほどはタートルネックを合わせたコーディネートでしたが、こちらはシャツを合わせています。

同様にドレスライクなアイテムのコーデなのでテーラードジャケットを合わせたくなるところにライダースジャケットを合わせています。

シャツの選び方もとても上手で、艶感の強いライダースジャケットに対して、少しだけカジュアルさのある"オックスフォードシャツ"を合わせているのでとてもバランスの良いコーディネートとなっています。

最後に

今回は男臭さ溢れるアイテム「ダブルライダースジャケット」の着こなしを海外スナップをお手本に紹介しました。

NJ(エヌ・ジェー)

紹介したコーディネートからポイントを絞ってみました!

ダブルライダース着こなしポイント

・オールブラックで重くし過ぎない。

・カジュアルアイテムを合わせる時はカジュアルに寄り過ぎない。

・ドレス要素が強いのでテーラードジャケットのように合わせる。

 

FULL VALUEでは「モテ」をテーマにファッションや恋愛、身体作り等を中心に情報を発信しています。

沢山の情報をお届けできる様に頑張って更新していきますので、応援よろしくお願い致します!

NJ(エヌ・ジェー)

ファッション担当は私NJ(エヌ・ジェー)が担当させていただいています!

 

 

この記事を書いたライター

NJ(エヌ・ジェー)

初めまして!NJ(エヌ・ジェー)と申します!

 

私はそこそこの映画好き。

 

毎年映画館での新作はビッグバジェットからミニシアター系まで年間約30ー40本程、家では動画配信サービス等を利用し映画やドラマを年間100本程観ています。

 

近年はVODサービスにどっぷりハマってしまい、多くのVODサービスを渡り歩く事に…

 

映画レビューを書く事が好きなのでおすすめ作品のレビューも合わせて紹介できればと思います!

この記事に関連するラベル

ページトップへ