モテる男性は知っている!?初心者でも解る革製品の特徴や魅力!

記事更新日: 2020/10/31

ライター: 圭司

圭司

突然ですが、皆さんは革製品はお好きですか?

 

「革製品」ってたくさん有りますよね。

革ジャン、革靴から始まり、革財布、革ベルト、革のカバン、腕時計やスマホケース等の小物と多岐に渡ります。

「革製品」は使い方を間違えたり、メンテナンスさえしっかり出来ていれば一生使い続けられますし、経年と共に色が変わったりしてとても楽しめますし、長く使う事により愛着が湧きます。

 

何より私自身、革製品が好きで、革ジャンや革のカバンは長く使い続けています。不本意ながらなにかしらで付けてしまったキズさえも、愛着が湧いて手放す事が出来なくなるほどです笑。 

 

そんな革の魅力を今回は、お届けしたいなと思い、記事を作成しました。この記事は革を好きになったり、興味を持つ為の第一歩です!

革にそれほど興味がないアナタも、革が大好きなアナタもこの記事で更に革が好きになってくれたら嬉しいです。

 

この記事から解る事!

・革製品の特徴(メリット・デメリット)

・革製品の魅力。

 

この記事を書いた人
圭司(FULLVALUE所属)

元俳優(役者)兼 クロマトーン奏者。 ドラッグストア店長→ガス会社→施工管理者を経験後、個人事業主の道へ。現在はwriter兼バイヤーとして活動中。常に自分にしか出来ない事をしてみたい、やってみたいと思って突っ走ってきました。その甲斐も有り、良くも悪くも目立つ様になりました笑。もちろんこれからも色々な事に挑戦して限りある人生を楽しんでいきたいと思っています。

 

圭司

皆さんこんにちは、FULL VALUEリーダー 圭司です。

 

今回から、暫く「革」について記事を書く事にしました。

「革」のイメージといえば、カッコイイ、大人な感じがする、高級等色々と有るのではないでしょうか?。

特に男性はビジネス等で革のカバンや、革財布、革靴等を使用する機会が多いのでこだわる方も多いと思います。

 

では早速行ってみましょう!!

step1. そもそも革ってなに?

 

圭司

一言で「革」と言っても、良く解らない方もいらっしゃると思うので、説明させて頂きます。

 

皮と革の違い。

 

☝️皮と革ではここが違います!!

・皮とは? 動植物の外表を覆っている膜の事です。

・革とは? 動物の皮を加工(鞣し加工)した物を指します。加工する事により、腐敗しなかったり、硬化しなくなったりします。

 

圭司

簡単にいうと、鞣し加工(なめしかこう)がされているかいないかですね。色々な動物から皮を剥いで加工する事により「革製品」となっているという事です。

 

※鞣し加工・・・革の原材料である皮はそのまま放っておくと腐ってしまったり硬くなってしまいます。そこで薬品を使う事により、腐る事を防いだり、硬くならない様にする事を「鞣し加工」と言います。

 

圭司

因みに毛皮は毛革とは書きません。確かに鞣し加工はしているのですが、毛を剥いでいないから毛皮と表記するそうです。※諸説あり

 

革の種類

圭司

一言で「革」と言ってもたくさんの動物の革が有ります。一般的に革製品ですと牛、豚、馬、羊の革が多いですね。

 

☝️一般的に良く使われている革の特徴

・牛 一番良く使われている革で有り、革素材の中では一番多く流通している物です。牛革は耐久性もあって使いやすいですし、革としては身近に感じる方も多いと思います。また牛の革は年齢や状態、部位によって名称や性質が異なっています(暑さや硬さ、強度等)のでバリエーションが多く、カバンや靴、財布等の多くの製品になっています。

・豚 実は豚革は牛革の次に多く使われているって知っていますか?豚革製品の生産は実は日本でも盛んなので(食用として飼育している農家もたくさん有ります。)豚革製品のほとんどは国産となります。豚革の特徴はとても柔らかいですし、毛穴が大きいので通気性が良い事です。牛や馬の革と比べるとあまりメジャーでは無い感じもしますが、実はヨーロッパでは高級な革として認知されています。

・馬 馬の革は強くて柔らかいという特徴が有ります。その性質上レザーウェアや男性の財布等の小物に良く使われています。例えばコードバン」という言葉を聞いた事がないでしょうか?これは「革のダイヤモンド」と呼ばれる程、高級な革な為、所持している人は革へのこだわりが強い方が多いです。

・羊 羊の革はキメが細かく、とても薄くて柔らかいのが特徴です。その分、傷がつきやすかったり、破れやすかったりしますが、革自体に空気が含まれやすいという特性が有る為、断熱性と保湿性にも優れています。その為、防寒服としても使われています。

 

圭司

因みにこれらの革は一般的にどの様な製品になっているかと言うと・・・下記の様になっている事が多いです。

 

☝️一般革

・牛 主にカバン 、財布、靴等に使われています。

・豚 牛革ほどでは有りませんが、豚革は主にカバン 、財布、靴等に使われています。

・馬 インテリアやレザーウェア、財布等(男性の小物)に使われています。

・羊 レザージャケット、レザーコート、レザーパンツ、手袋等の衣類に使われている事が多いです

 

圭司

これらの革は「一般革」と言われていて、飼育されていた動物から供給されている皮革を指しています。逆にこれら以外の革の事を「エキゾチックレザー」と言われています。

 

※「エキゾチックレザー」は鳥類や魚類、爬虫類等の珍しい革に分類されています。解りやすくいうと、クロコダイル(ワニ革)やパイソン(ヘビ革)、オーストリッチ(ダチョウ革)等が当てはまります。エキゾチックレザーは特に「ワシントン条約」によっての制限があるので、「一般革」と比べると希少性が高いです。(写真参照)

 

本革と合皮の違い

 

☝️本革とは?

本革とは動物の皮を採取してを加工した素材の事です。天然皮革(天然レザー)とも呼ばれています。

 

☝️合皮とは?

合皮とは合成樹脂を使って本革に似せた物の事です。ひらたくいうとニセモノですね笑

圭司

合皮はニセモノと聞くとイメージが悪いですが、合皮は本革に比べると、値段が安価だったり、耐水性が強かったり、重さが軽かったりとメリットも有ります。

但し、革の経年劣化を楽しんだり、長持ちする製品を求めるなら本革の製品を購入しないとダメですね。

 

本革と合皮の見分け方

圭司

本革と合皮の違いは解ったけど、見分け方が解りづらいかも知れません。そんな時はこれらを試してみてはどうですか?

 

☝️本革と合皮の簡単な見分け方!

・匂い 本革は革特有の匂いが有りますが、合皮は無臭な物や石油の様な匂いがする物が多いです。

・傷 本革は爪で軽く擦ったりしても、傷?の様な物がついてしまいますが、合皮の場合、軽く擦った位では傷はつきません。(オススメはしません、行うなら目立たない部分で。)

・見た目 本革の場合、軽く折ったり伸ばしてみると毛穴が見えたりする事に対して、合皮の場合はただ伸びてるだけに見えます。

・店員に聞く 解らない場合はこれが一番早いかも知れません。

圭司

特に匂いは一番解りやすいと思います。もしそれでも解らなければ、店員さんに聞いてみましょう!!

 

step2. 革の特徴(良い所、悪い所)

圭司

ではここで革の特徴をお伝えします。

 

☝️革のメリット

・高級感や美しさ 革製品にはなんといっても高級感が有りとても美しいので気品を感じられます。革は動物の種類や加工の仕方によって色々な表情を見せますので、厳密にいえば全く同じ物は存在しないという事です。

・経年 革製品を使った事がある方なら解ると思いますが、ずっと使い続けていると色が変わっていきます。年数が経つにつれて、味わい深い表情になっていくのでこれが革製品特有の楽しみでも有ります。

・長く使用出来る 革製品はとにかく丈夫ですのでメンテナンスさえしっかりすれば、長い間使用する事が出来ます。

 

☝️革のデメリット

・水に弱い 革製品は水に弱いです。水に濡れる事で、色が落ちたり、形状が変わってしまう事も有ります。最悪の場合水膨れが出来てしまう事も有ります。水膨れが出来てしまうと、元に戻す事は本当に難しくなってしまいます。その為、防水スプレー等で先に対策して使用しなければなりません。

・色の変化が起きやすい これがデメリットになるのかは各々の判断に任せますが、革は新品時の色のまま維持する事は出来ません。少し少し色褪せてきます。

・独特な匂い 革は色々な動物から剥いだ物を加工しているので独特な匂いが有ります。人によっては良い匂いと感じる方もいれば臭いと感じる方もいますので一概にデメリットではないのでしょうが、特有な匂いが有るという事は違いありません。

・カビが生えやすい 天然素材である革製品は、湿気が溜まりやすいのでカビが生えてしまう事も多々有ります。(繊維間の隙間が一定では無いので、湿気が溜まりやすいです。)頻繁に使用していれば気にする事はないですが、どこかにしまったりして一定期間使用しないと簡単にカビが繁殖してしまいます。その為、カビ防止対策を施さないといけません。

圭司

革には手間がかかるというデメリットも有りますが、その手間が有るからこそ、経年して変化していく様を楽しめるのだと思います。

 

step3. 革の魅力

圭司

では革製品の魅力について説明します。特に魅力を感じられるのはこの2つです!

 

経年変化を楽しめる(エイジング)。

1つ目は経年する事による変化を楽しめるという事です。これが革製品の醍醐味といえる事だと私は思います。使用して時間が経つにつれて革の色が少しずつ変化していき、使えば使うほど味わい深い色に変わっていったり、革が柔らかくなって革製品が使いやすくなったりしていきます。特に色の変化についてはお店で購入した時と、使用して数年経った物を比べると一目瞭然です。因みに経年変化をするのは本革(天然皮革)でしか起こらない為、経年変化を楽しむ為に本革を購入する方も多くいるほどです。

 

高級感が有りお洒落

2つ目はなんといっても革製品はお洒落という事です。特に本革製品には高級感も有りますし、お値段も決して安いとは言えません。それにメンテナンス等の手間がかかりますが、経年変化をして色を変えた革製品は素敵な味わいを感じさせます。それらが解っているからこそ、本革製品を手に入れた時は優越感に浸れますし、自信にも繋がります。特に男性にとっては自信が有るか無いかだけで印象がかなり変わりますし、自信がない方は少しでも自信を付ける為に本革製品を持つ事をオススメします。

 

最後に

最後まで読んでいただき有り難うございました。

FULLVALUEでは、「男性のモテ」についての記事を作成し、発信しています。

今回は「革製品の魅力」について記事にしました。

 

何かご意見、ご感想等が有りましたら、ご連絡をいただけると嬉しいです。

これからもチーム全員で力を合わせて、良い情報を発信していきたいと思いますので、

何卒、宜しくお願い致します。

 

圭司

最後までお付き合い頂き、有難うございました。

 

この記事を書いたライター

圭司

元俳優(役者) 黒スーツ&グラサン姿で逃げ回るを捕まえる人や、サスペンスドラマで少年院に入った人の役、とある声優さんのPVやドラマのエキストラ等に出演させて頂いてました。

現在はバイヤー兼writerをしています。

 

正しくて役に立つ、そんな情報を提供していきたいと思い、記事を作成しています。

宜しくお願い致します。

この記事に関連するラベル

ページトップへ