2020年のファッションをコラボレーションを中心に振り返ってみた。

記事更新日: 2020/12/31

ライター: NJ(エヌ・ジェー)

友人のTK

2020年ももう終わりだね〜

色々と大変な年だったね。

NJ(エヌ・ジェー)

本当に例年と全然違う年だったからね。

いろんな業界が打撃を受けたけど、ファッション業界は特に大きな打撃を受けたよね。

友人のTK

なんだかんだでファッションは好きだから、色々と注目してたかな。

今年も面白いコラボ多かったね〜

NJ(エヌ・ジェー)

年末という事で2020年ファッションをコラボレーションを中心に振り返ってみましょう。

 

その前にNJ(エヌ・ジェー)の2020年ベストバイを紹介!

NJ(エヌ・ジェー)

2020年を振り返るということで私NJ(エヌ・ジェー)のベストバイを紹介しますw

COMME des GARCONS HOMME DEUX ポリ縮絨ジャケット

COMME des GARCONSお得意の縮絨加工のジャケットが欲しくなり、意外にも初めてのCOMME des GARCONSを購入。

COMME des GARCONS HOMME PLUSと比べるとデザインもお値段も少し控えめなCOMME des GARCONS HOMME DEUXを選びました。

ポリエステルの縮絨加工でしわくちゃになっているので、洗濯もできるしラフに扱えるので便利なアイテムでヘビーに着用しています。

NIKE × UNDER COVER AIR MAX720

コチラは誕生日プレゼントで頂いた物。

ここまでのハイテク系スニーカーを購入した事はなかったのでとても新鮮でした。

AIR MAX720って履き心地がとても凄いんです!!まるで浮いているような感覚になります。

 

GUIDI  ナローベルト

昔から購入しようと思ってはいたものの、なかなか購入しなかったアイテムです。

私はこれまでにGUIDIのアイテムはブーツ、財布を持っていましたが、GUIDI特有のレザーの質感が手軽に味わえるのはこのベルトかと思います。ぜひお試しを!

 

2020年注目のコラボレーション

NJ(エヌ・ジェー)

2020年も様々なブランドがコラボレーションしたね。

友人のTK

コラボ自体は珍しいことでは無いけど、近年はジャンルを超えている印象はあるな〜

NJ(エヌ・ジェー)

一昔前は近いブランド同士のコラボレーションが行うものだったけど、現在は全く違うブランド同士が行うようになったね〜♪

 

コラボスニーカー

NJ(エヌ・ジェー)

コラボと言えばスニーカーと言っても過言ではない程、スニーカーのコラボは頻繁に行われています。

カッコ良かったものや注目度の高かったアイテムをピックアップします。

 

DIOR × NIKE AIR JORDAN 1 HIGH OG "DIOR"

2020年に最も注目されたと思われるコラボスニーカーではないでしょうか?

DIOR(ディオール)とNIKE(ナイキ)のコラボレーション。

AIR JORDAN 1をベースとしスウッシュにDiorお馴染みのジャガードロゴをあしらった、やりすぎ感のない上品な仕上がりとなっています。

 

FRAGMENT × NIKE AIR JORDAN 3 "WHITE/BLACK"

日本にストリートファッションを根付かせたといえる藤原ヒロシ。

ファッションアイコンとして90年代から現在にかけてもその影響力は衰え知らず。

彼が率いるデザインプロジェクト"Fragment Design"とAir Jordan3のコラボスニーカー。

オリジナルのAir Jordan3を更にシンプルにしたデザインは流石です。

 

OFF-WHITE × NIKE AIR JORDAN5 "SAIL"

Air Jordan5のオリジナルに近いカラーに上手くOFF-WHITEらしさを加えたモデル。

NIKE×OFF WHITEは"The Ten" をはじめとても人気のコラボレーションで毎回話題になります。

 

COMME des GARCONS × NIKE AIR FORCE 1 MID "WHITE"

日本を代表するブランド"COMME des GARCONS"とNIKEのコラボレーションしたAir Force 1。

これまでも、Air Jordan1やAIRMAX95などのコラボスニーカーがありましたが、個人的にはこのモデルが一番カッコ良いかと思っています。

 

Maison Margiela × Reebok Tabi Instapump Fury 

意外なブランドのコラボスニーカーと言えば2020年はこのアイテムではないでしょうか?

Maison Margielaの名作である足袋モチーフの"Tabi"とReebokの代名詞といえるPunmp Furyをかけ合わせたハイブリットなスニーカー。

実物を手に取るとよくわかりますが、スニーカーというよりブーツに近い作りをしており、流石マルジェラ!と言いたくなるアイテムです。

 

 

コラボコレクション

 

Fear of God × Ermenegildo Zegna

Zegna

アメリカ ロサンゼルス発のラグジュアリーストリートブランド"Fear of God"とイタリア ミラノの老舗ブランド"Ermenegildo Zegna"の協業コレクション。

このコラボレーションは誰も予想していなかったのではないでしょうか?

実際にアイテムを手に取るとわかりますが、とにかく質が良く、本当に上質な肌触りのアイテムが多いです。

ストリートの要素が程よくミックスされたシルエットのジャケット類はこのコレクションを代表するようなアイテムです。

ストリートとラグジュアリーの距離感が更に近くなったコレクションかと思います。

 

FEAR OF GOD×ERMENEGILDO ZEGNA 

ブラック ウール シングルブレスト ブレザー

価格:198,500円

購入はコチラ

 

Supreme × Yohji Yamamoto

wwdjapan

コチラはストリートとモードのコラボレーション。

"Yohji Yamamoto"は日本を代表するブランドであり、世界のモードファッションを牽引している最高峰のブランドの一つです。

"Supreme"はストリートファッションを代表するブランドであり、ストリートファッションブランドの中ではもう老舗ブランドと言えるのでは

ないでしょうか?

両ブランドの良いところを抑えたコレクションは例の如く速完となり幻のコレクションとなりました。

また、グラフィックにもこだわりを見せたコレクションであり、グラフィック界の巨匠Peter SavilleやSancheeto、朝倉優佳のアートワークが採用されている。

Supreme × Yohji Yamamotoのアイテムはコチラ

 

MM6 Maison Margiela × THE NORTH FACE

MaisonMargiela

コチラのコラボコレクションも非常に注目されました。

"THE NORTH FACE"は人気アウトドアブランドですが、アウトドアブランドの枠を超えてファッションブランドとしての認知も高いです。

実用性の高いブランドにMargielaのアバンギャルドなシルエットが見事にマッチしており、「コラボレーションの醍醐味とはこういう物だ」という事を感じさせてくれるコレクションとなりました。

 

MM6 Maison Margiela × THE NORTH FACE 

ブルーサークルジャケット

価格:102,000円

購入はコチラ

 

 

最後に

今回は2020年に話題となったコラボレーションを紹介しました。

この記事についてまとめ

・過去のコラボレーションは同ジャンルのブランド同士が多かった。

・現在のコラボレーションはジャンルレス。特にラグジュアリーブランドのコラボが多く見られた。

・今後のファッションは一人のデザイナーが生み出すのでなく、コラボレーションによって新たなものが生み出されていく事になる。

FULL VALUE30代以上の男性をターゲットに、ファッション、ライフスタイル、恋愛に特化したサイトを目指し、大人男子としての楽しみ方を提供していきます!

沢山の情報をお届けできる様に頑張って更新していきますので、応援よろしくお願い致します!

NJ(エヌ・ジェー)

わたくし、NJ(エヌ・ジェー)は昔から仲間内からファッション好きで通ってきました。

念願のファッションについて発信していく事ができるようになったので楽しんで情報発信していきたいと思います!

この記事を書いたライター

NJ(エヌ・ジェー)

初めまして!NJ(エヌ・ジェー)と申します!

 

仕事もそこそこにファッションと映画と筋トレを中心な生活を送っています。

このジャンルで副業→本業に育てていきたいと思っています!

ファッション好きでいろんなジャンルのブランドを来てきましたが、直近では「Rick Owens」、「COMME DES GARCONS」、「UNIQLO」がお気に入り。

映画や海外ドラマに関しては映画館や家問わずに年間100本程観ています。

最近は幼少の頃(おそらく6際頃)から追いかけてきたSTAR WARSシリーズのスピンオフドラマ「The Mandalorian」に熱狂しています。

筋トレは4年程前のダイエットがきっかけでハマってしまい、筋トレができない日が3日以上続くとイライラしてくる程になってしまいました。

この記事に関連するラベル

ページトップへ